<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『 いずみの小人クラス 』2018年度前期受付始まりました☆

※たいへん申し訳ございません、《クラスA》の方は定員に達しました。これからお申込みの方をお断りするのは心苦しいので、ここで一旦締め切ります。正式受付(参加費納入)を待って、その際に空きがございましたら、改めてお知らせいたします。なにとぞご理解のほどよろしくお願いいたします。(なお、《クラスB》の方は、今の時点で1~2枠余裕がございます。)2月28日現在

※申し込み締め切りは3月20日ですが、A,Bどちらのクラスも、すでに定員に達しつつあります。お申込み予定の方は、お早目にどうぞ。(定員を超えた場合は、先着順か抽選になりますのでご了承ください。)2月26日現在




ぎんのいずみ子ども園 未就園児親子クラスのご案内です
     *   *   *   *   *   *   *   *


1歳~3歳までの家庭での過ごし方、遊ばせ方 
    ◎◎ い ず み の 小 人 ◎◎   
              *手仕事・うた/手遊び・庭仕事 * 

おばあちゃんの知恵袋的な視点とシュタイナー子ども園エッセンスのミックス版の親子クラスです。

7歳までは健全な身体づくりの時期であり、知的なことにエネルギーを使わせず、肉体や感覚への栄養になる要素が総合的に考えられた構成になっています。 

木をたっぷり使った室内の色彩の柔らかさ、自然素材のおもちゃの温もり、やさしい響きのうた、自然を心がけた手作りおやつ、アロマオイルによる室内の香りは、肉体形成期のこの時期の子どもにとって大切な感覚栄養となります。大人が手作りで物を作り出す真摯な姿・家事の姿、そして大人としての毅然とした態度は、子どもたちが生きていくための何よりの模倣モデルになり、静かにゆったりと子どものおもちゃを作るとき、部屋全体を柔らかい空気が覆い子どもを包んであげることができます。

また、外の庭仕事では、子どもも大人も自分自身の体を使って身近な土との触れ合いができ、丸太や木切れなど素朴な道具を使っての遊びができます。

静けさの空間、ゆったりした時間の流れの中、一つ一つの事柄が一定のリズム・プロセスで繰返して行なわれることにより、子どもは生きる力を体ごと内的に身につけます。



手仕事の予定: 
羊毛のうさぎ・とり・かたつむり、羊毛ミニボール、木の実でつくる蜂、蜜ろう粘土のりす、フェルトの小人、ミニリース、円織り、薄紙のお星さま、積み木、木切れスティック、羊毛のひつじ、ハーブサシェ、お手玉 等






◉クラスA日程
月2回 金曜日 10:00~12:00
        *第〇金曜日とは確定していませんのでご注意下さい  
≪前半期≫  
4月/6日・27日 5月/4日・25日  6月/15日・29日 
7月/6日・13日   8月はなし  9月/7日(子守唄コンサート)・28日  


≪後半期≫  
10月/5日・19日  11月/9日・30日  12月/7日・14日  
1月/18日・25日   2月/8日・22日  3月/8日・15日

参加費: 全22回 半期ごとに前納

前半期 10回 2万円 (2018年3月末までに振込み)
後半期 12回 2万4千円 (2018年9月末までに振込み) 



◉クラスB日程
月1回 土曜日 10:00~12:00
        *第〇土曜日とは確定していませんのでご注意下さい         
4月7日   5月26日   6月9日   7月7日   9月29日 

※9月7日(金)子守唄コンサートに参加いただけます。


参加費: 前期5回 1万円 前納 (2018年3月末までに振込み)
※後期の日程は9月頃お知らせします。
 
<一日の流れ> 
10:00   ~  11:00   ~   11:30  ~   11:40  ~ 12:00 
室内遊び   お片づけ 外遊び   うた/手遊び    おやつ    お帰り
(ママの手仕事)   (庭仕事)

対 象: 1歳~3歳児の親子 (年間通しの参加を前提とします)

定員 クラスA 5~7組
   クラスB 5組程度  





※なお、お申込みの際、メールの件名を
 いずみの小人クラスA または いずみの小人クラスB と明記してください。
  一つのアカウントにたくさんのメールが参りますので、
どの件か、スレッドを統一したくお願いいたします。

※申し込みをいただきますと、こちらから参加可能日をご連絡し、その後、ご入金をもって受付完了とします。 
 


b0182584_1015496.jpg
       *キャンセルが出た場合の単発参加  一回2500円  
       *兄弟/パパ/祖父母など一人1回につき、500円プラス 
    

★持ち物: 帽子(必ず親子で被ってください)、タオル、着替え、ビニール袋など 冬場は大人は上履きなど。
★雨の日 - 合羽、長靴、レインハット(大雨でない限り外で遊びます。大人も着ます。)

*アレルギー、既往歴などをお知らせください。
*緊急時でない限り携帯電話はOFFにし、持込みのおもちゃは混乱を避けるためご遠慮ください。



*******

申込み方法:下記を記入の上、e-mail でお申込みください。

①いずみの小人クラス
②子どもの名まえ
(初めての方は、生年月日、住所〒、母の名まえ、電話番号、メールアドレス)


③このブログでのぎんのいずみ子ども園の印象をお聞かせください。(初めての方のみ)

④今いちばん困っていること・悩んでいることは何ですか?
(差し支えなければお書き下さい。答えられる範囲で、クラス内か誌面でお答えします)

⑤クラスでどういうことをやりたい・知りたいですか?
 継続申し込みの方は、昨年の感想をお願いします。


他、詳しくはお問い合わせください。






《 申し込み ・ 問い合わせ 》
ぎんのいずみ子ども園   
●e-mail :ginnoizumikodomoen2000@gmail.com
※携帯から送信の場合、パソコンメールを受信拒否にしている方には当園からの受信確認をお返しできません。パソコンから送信いただくか、携帯のパソコンメール受信許可設定を行ってくださるようお願いいたします。
  

●T/F 042-480-8696
(保育中は電話の対応ができません。申し訳ありませんが、なるべくメールかFax でお問い合わせください)                
               


※単発参加は、キャンセルがあった場合、随時受付けていますので、前日などにご連絡ください。
    

※予定は変更される場合もありますので、事前にこのブログでの情報をチェックしていただきますようお願いします。

また、一旦納入された前納金は、払い戻しはできませんので、予めご了承ください。



[PR]
by nijiiro-no-tane | 2018-02-09 20:45 | 未就園児クラス いずみの小人 | Comments(0)

ぎんのいずみ 2018年4月からのクラス

* ぎんのいずみ子ども園 2018年度クラスのご案内 


●『2歳児保育』

満2歳を迎えているお子さんの保育をいたします。(3~6歳の在園児と同じ空間にて)

週3日程度。

午前2時間のみ/お昼まで 等

曜日・時間は、応相談。


●『いずみの小人クラス』

未就園児(1~3歳)親子クラスです。シュタイナー幼稚園の縮小版で、家庭のように一緒に過ごします。室内では、大人は手仕事。子どもはパンこねや自由遊びをします。外遊びは、大人は庭仕事をし、子どもはそれを見ながら周りで手伝ったり、遊んだりします。

季節のおやつを作ったり、わらべうたを歌ったり、手遊びもします。

クラス A: 金曜日 月2回 10:00~12:00

クラス B: 土曜日 月1回 10:00~12:00


●『くるみクラス』  産前ママ・0~1歳パパママ学級

シュタイナー教育に初めて出会うママ・パパのためのクラスです。

マタニティママ~赤ちゃんを抱っこしながら、これから育てていくための基本的なおはなしや子守唄、親自身の時間の作り方などを紹介します。3歳までは教育というよりケアですので、まずは大人が赤ちゃんといる空間での過ごし方を体験しましょう。

土曜日 月1回  9:00~10:00             *第〇土曜日とは確定していませんのでご注意下さい         
4月7日   5月26日   6月9日   7月7日   9月29日 

          ※9月7日(金)子守唄コンサートに参加いただけます。

参加費: 前期5回 7500円 前納 (2018年3月末までに振込み)
※後期の日程は9月頃お知らせします。


★手仕事講座(大人対象)

土曜日 月1回   13:00~15:00


★子育て相談
土曜日 月1回


★《訪問 子供部屋のしつらえ》
― 子ども部屋をシュタイナー保育室のようにするお手伝いいたします。


- 年間イベント -

★《子守唄コンサート》  9月


★《秋の贈り物》
小さなお店と小さなカフェ     10月または11月





※日程の詳細は別途お知らせします。

問い合わせ : ぎんのいずみ子ども園 
〒182-0023 東京都調布市染地2-27-1
TEL/FAX:042-480-8696 (13:45~14:00)

Emai l: ginnoizumikodomoen2000@gmail.com;    


[PR]
by nijiiro-no-tane | 2018-02-05 22:40 | 園児募集 | Comments(0)

布ナプキンを自分で作ってのママたちの感想

●私は,アースデイにまめちょさんから布ナプキンを買ったものを使っていますが作ったのは初めてでした。
先輩ママから,お話を聞きながら作ってみたら,思うよりも気負わずに作ることができて良かったです。
皆さん,自分の好きな形が作れて良かったんじゃないかと思いました。
使ってみて、布を肌にあてるというのは,暖かくて気持ちの良いものだなと思います。
購入した時は,オーガニックコットンでタマネギなど自然の物で染めてあったので,それが良いなと思いました。
普通のネルで作っても、可愛らしい裏地をつけたりするとまた雰囲気が違うかもしれませんが、個人的にはシンプルな形が好きです。


*******
●今回みんなで身体について話しながら布ナプキンを縫ってみて、本当に簡単に作れるなぁと実感し、感動しました。みなさんの使い方を聞いて取り入れたりしています。

この機会をいただき、ありがとうございます。




*******
●布ナプキンについてだけではなく、生理のことはもちろん、経皮毒、オーガニック、現代の性教育など話が広がりそれぞれみなさんの意見を聞けてとてもいい時間でした。
なかなか普段では話しづらい内容の話題だと思うので、思いっきり話せて楽しかったです。

今まで布ナプキンは買ったものしか使ったことがなかったので、大切な子宮を守るためのものを自分の手でひと針ひと針縫うのは温かみがあっていいなと。


*******

●先輩ママに教えて頂いた大判のナプキンを一つ、その場で作りました。
25センチ四方程の大きな布ナプキンは実際に初めて目にしましたが、夜用に使うと良いとの事でした。
小さいのを重ねる事も出来るし、折り方も自由なので私はとても気に入っています。
安全ピンで留めて使用するとズレないとのお話も聞けて良かったです。
ここ数年で布ナプキンも知名度が上がり、ネットでも様々な商品を目にします。
羽根がついているものや、可愛らしい柄物、大きさも様々です。
また、ビワの葉で染めた布ナプキンを見せて頂きましたが、色は地味だけど身体に良さそうだと思いました。


*******

●布ナプキン利用歴は10年くらいになります。
もうケミナプ(吸水ポリマーの使い捨てナプキン)には戻れません。
布ナプキンを手洗いするたびに経血の量や色を確認することもできて生理への向き合い方も変化いたしました。

ケミナプ使用時代には面倒だと思うことも多かった月経ですが、布ナプキンを手洗いするときに真っ赤な水を見て
「ああ、なんて綺麗なんだろう」と〝命〟を感じたり様々な感情も味わうことができるようになり、身体の声にも敏感になりました。

自分の手で、
いちいち手間をかけて、
丁寧に扱う

という一連の流れを〝美しい〟と感じる大好きなアイテムの一つです。

今回は初めて自分で作るという機会をいただきました。
布ナプキンは〝買うもの〟と思っていたので目からウロコの体験でした。

現在はフェアトレードで生産されたオーガニックコットンの布ナプキンを利用中です。

布ナプキンを作る体験からこのように客観的に月経に向き合える時間が持てたことはとても有意義で、自分自身が大切にしていること(美意識や価値観)にも気付く機会となりました。

布ナプキンを使用している友人たちへ「作ったよ〜!」とシェアしたところ
「そっか!作れば良いんだ!盲点だった!」とたくさんの反響がありました。

また新たな視点をいただきました。ありがとうございました。

[PR]
by nijiiro-no-tane | 2018-02-04 23:09 | その他 | Comments(0)