人気ブログランキング |

卒園児ママから感想が届きました ☆

《卒園のお祝いの会》をありがとうございました。
娘とSくんが並んで迎えてくれたお部屋に通してもらうと,
卒園するということが半分夢をみているような気持ちでした。

✽人形劇『三つの願い』
Sくんの落ち着いて登場人物になりきっている姿には本当に驚きました。
娘は咳が出るためか少し集中しづらかったかもしれないのですが,
主人公 ”息子” の旅を通して,人との出会いや勇気,人を思いやる気持ちを感じ取ってくれたんじゃないかなと思います
「私も色んな役がやりたかったんだよ」と降園するとき何日か言っていましたが,またそのことも,ひとつの学びをこの子はしたのだなと先生からのポエムを聞きながら思いました。


✽3色の水彩
毎年,年長になったら娘はどんな水彩になるのか楽しみにしていましたが,
3色になった驚きやいろいろな形ににじんでいくことを,
たくさん楽しんだことが良く分かり嬉しかったです。


✽織物ポシェット
ポシェットをじっくりと手に取って見ていると
園で染めた草木染の毛糸をどれにしようかと選んで,一色一色小さな手で織り込んでいる姿が思い浮かんできました。
このポシェットの色をたどっていくと,「ああ,これは園での1年が織り込まれているんだなあ」とじわじわと感動してしまいました。
写真のようなデジタルやプリント画像ではなく,この一色一色に込められた毎年毎年変わらない自然の恵みを大切にしてきた営みが見えてきて,先生方の熱意や思いに涙がこみあげてきました。

私はこの織り物ポシェットの意味にようやく気づきました。
(私たち親も四季折々の草木染を毎年楽しませていただいたおかげで
色を見ているとハルジオン,ヨウシュヤマゴボウ,藍・・・と自分たちで染物をした光景が浮かんできます。
自然の恵みを肌で感じながら過ごせて私たち親にとっても宝物の時でした。)

✽お茶と美味しいクッキーをいただく時
ひさの先生を囲んで年長の2人が座っているその光景・・・。
ほんのり優しい色の中に,あったかい空気をまとっていて,
けれどどこかしゃんとしていて,とても尊い。
この光景を,この瞳にずっと焼きつけて覚えておきたいと本当に思いました。

3年間を閉じるろうそく消し
短いようで長い3年間
一日一日,大切に大切に紡いでくださった3年間
ひさの先生,M先生、H先生,本当に感謝いたします。

                                    (卒園女児ママ)


by nijiiro-no-tane | 2019-03-27 08:13 | 冊子 にじいろ | Comments(0)
<< 2020年度 入園児 募集要綱 ☆ 園児募集:年中児を募集します(... >>