ア・カペラコーラス ”クッカブーラ” コンサート2018

日時: 2018年30日(土)
14:00 開演 (13:45開場)


会場: 日本キリスト教団 調布教会
調布市布田2-28-16 TEL:042-482-9204


入場無料 全席自由 (小学生以上)





曲目:

『宴にようこそ』Welcome Every Guest (カノン 英語)
歌でお客様をお迎えするために、最高の音が出せるよう楽聖たちにお願いしながら歌うという内容です。会場が美しい音のうねりに包まれますように。



『我らに平和を』ドナ・ノビス  Donna Nobis Pachem (ラテン語)
<ドナ=与えよ> <ノビス=我らに> <パーチェム=平和を>が繰り返されます。

シュタイナー学校などでよく歌われるカノン用の曲です。

『サリーガーデン』 ~ 柳の庭 ~
アイルランド民謡。オカリナ/リコーダー/ウクレレ/アコーディオン/ライアーなどいろいろな楽器も出てきて演奏します。

 柳の庭を下ったところで愛する人と逢った
 彼女は白雪のような足で柳の庭を抜けて行った
 彼女は僕に言った 恋は木の葉が茂るみたいに気楽に
 でも若くて愚かだった僕はうなづけなかった


『謝しまつる』 女性2部(日本語)



*** みんなで歌いましょう コーナー ***  

Ding Dong Bell ♫ (カノン 英語)




*

『Orphan Girl』 Gillian Welch and David Rawlings   ソロ:
ギター弾き語り




*シュタイナー学校などで歌われるミニカノン集より
『Rose,rose』 (英語)

『Ah poor bird / Rose,rose/ Hey ho』 (英語)
  異なる3つの曲を、最初は別々に、そして各パートそれぞれ同時に歌い、3つの歌がだんだん絡み合ってきます。

『Come Follow Me』(英語)

『By the waters』~ バビロン川のほとりで ~ (英語) 作詞作曲 H.Purcell
 
 
バビロンの流れのほとりに座り シオン山を思って、私たちは泣いた。
 竪琴は、ほとりの柳の木々に掛けた。わたしたちを捕囚にした民が歌をうたえと言うから
 私たちをあざける民が、楽しもうとして 「歌って聞かせてよ、シオンの歌を」と言うから
 どうして歌うことができようか 主のための歌を、異教の地で。 (詩篇137章1節―4節)

※ユダ王国は前587年に新バビロニア帝国により滅ぼされ、この結果、首都エルサレムの市街や神殿はことごとく破壊されつくし、ユダヤ人はバビロンに強制移住させられます。これが「バビロン捕囚」の始まりです。

『あさひがのぼり』(日本語)

『きょうの終わりを』 (日本語) 作詞作曲 Martin Hesekiel


『静かな川のかなたに』~ Beyond the quiet river ~(ロシア語)
ロシア美女コーラスグループ”ベロエ・ズラータ(白銀)”の持ち歌です。女性3部のポリフォニーが美しい曲です。
b0182584_19515047.png
 
静かな川と白樺の木の向こうで 最初の春の花が咲き出した
 わたしは東を見ながら、そっと十字を切って祈る
 空は、緋色に明けてくる この世に永遠の太陽が昇る
 白い鳩が、天から神の許しを携えて 大地の上を飛んでいる
 子どもの頃、母に抱かれた時にも似た 平和でやさしい気持ちになる
 涙とともに厳かな気持ちで祈る キリストの愛により、悲しみは癒される
 その時、私の魂は ロシアという名の偉大な大地に包まれる





『小麦色の娘』(日本語・ロシア語)
村の男が小麦色の娘に恋をする楽しい歌です

『ふるさと』 高野辰之 作詞/岡野貞一 作曲/黒部美樹 編曲
日本人にとても馴染み深いこの曲を,女声2部合唱で歌います。





 * * * * * * *
結成 8年目の女声コーラス ‟クッカブーラ ”(ワライカセミ)です。
調布にある幼稚園《ぎんのいずみ子ども園》に、歌好きのメンバーが集まって毎月1回練習しています。

桐朋音大の声楽科を出られた藤原先生に指導・指揮をしていただいています。

基本的に無伴奏のア・カペラです。和声が美しい歌、シュタイナー教育で出会った歌、ロシア語の歌、魂が湧き踊る楽しい歌など、独自に選曲しながら、毎年新しい曲にチャレンジしてレパートリーも増えてまいりました。 毎年1曲はライアー伴奏の曲も入れています。                                        

                                            グループ代表 山本ひさの

[PR]
by nijiiro-no-tane | 2018-06-10 13:17 | イベント情報 | Comments(0)
ぎんのいずみ子ども園 2019... >>