卒園児ママのことば / 卒園のお祝いの感想 届きました ☆

《三年間ありがとうございました》

もし、娘が子ども園に通っていなかったら、と考えると、恐ろしくさえなります。

指編みも、パンこねも、餅つきも、染めも、糸紡ぎも、当たり前のようにする園生活を送れた事は、親子で幸せです。

無いところから生み出す、その精神も、自分の身体を使う園の手仕事や遊びから学べたと思います。

娘は、けん玉や指編み、糸紡ぎやお菓子作りなど、一つの事に最後まで取り組もうとする意思が見えるようになりました。その諦めない気持ちは、時々感心します。これも園のおかげだと思っています。

唄やお話も、幼少時に聞いたものは、一生持ち続ける事ができます。園で教わったそれらが、彼女のこれからの心の拠り所になると思うと、安心です。

私自身も、子どもと同じように、自分には出来ないと決め込んでいた様々な手仕事に取り組み、一つのものが仕上がった時の喜びは、自分の自信にもつながりました。

昨年末、出来上がった人形を見た双子兄からも、自分達にも作ってほしい、と発注がかかり、園のママ仲間も巻きこんで、編みぐるみ作り(二体!)をしたのも、一生に一度?のよい機会となりました。手作りの温かさ、親の背中をやはり子どもは見て育つのだなぁ、と実感もしました。

母が手仕事をし、子どもは傍らで遊ぶか、一緒に手仕事をする、という構図もあたりまえになった事に、時々、感動します。

真の学びは、やはり、自分の力を使った体験からしかできないと思っています。子どもにも、親にも、沢山の学びの機会を授けて下さった事に、感謝します。

また、園を包むファンタジーのおかげで、小人さんや人形と仲良くなれました。これからの彼らとの関わり方も楽しみです。

書いているうち、あれもこれもと、溢れ出てきて、まとまりがつかなくなりました。

何か迷いが生じたら、マムズの資料や、にじいろ、暮らそう、先生の教えに戻れば大丈夫、と思っています。

貴重な時間を、本当にありがとうございました。

                          (卒園女児のママ)










b0182584_08292062.jpg
*毎年、卒園児が織り機で織るポシェットの一例。3学期中に日々かけて織ったものを保育者がポシェットに仕上げ、園児は卒園式の日に肩にかけてもらいます。










***


卒園の2人の嬉しそうな顔が思い出されます。
昨日は、心温まる卒園式をどうもありがとうございました。

こんなに大切に送り出していただける卒園児は本当に幸せですね。

                          (卒園女児のママ)

***

卒園のお祝い,ありがとうございました。
劇の終わり,卒園の二人が目を合わせ頷いている姿や,
前でひさの先生の両脇に二人が凛と座っている姿を見て,
子ども園で大切なものをたくさんいただいて立派に成長したんだなと胸が熱くなりました。

うちの娘たち年中の子も,また1年後それぞれが頼もしい年長さんに育ってくれるといいなと思いました。
                         (年中女児のママ)




[PR]
by nijiiro-no-tane | 2018-03-20 11:55 | その他 | Comments(0)
<< 手仕事講座 / 子育て相談 子ども園の1~3月の行事 ☆ ... >>