タグ:調布 ( 3 ) タグの人気記事

保育方針

       *** ぎんのいずみの保育 ***


ぎんのいずみ子ども園は、幼児の身体の健全な育ちのため生活リズムを第一に考えて、子どもの保育をしています。

家庭と似た雰囲気の中で自然と触れ合いながら、自由遊びの他、家事や手仕事、美しく創造的な活動を中心に時間を過ごしています。

ルドルフ・シュタイナー(ドイツで活躍した思想家・哲学者)の教育観を基に、子ども一人ひとりの、“個”(自我)が意・情・知のバランスよく育つように保育内容を考えています。

<模倣と手本>が基本となります。

わらべうたやライゲンで歌遊びをし、メルヘンや昔話を聴き、ファンタジーの力も育みます。



☆園での生活☆ 

7歳までの幼児は全身が感覚器官。周囲の環境をスポンジのように吸収します。
木をたっぷり使った室内で、柔らかい色の布、自然素材のおもちゃ、エッセンシャルオイルの香りなどに包まれてゆったりと過ごします。

自由遊びでは、子ども自らの発意により、ファンタジー豊かで創造的な遊びができるように保育者は手仕事をしながら静かに見守ります。

園舎の目の前は草原の公園です。花壇で花やハーブを育て、公園や林で拾った木の枝や木の実でおもちゃを作り、庭仕事では落ち葉を掃いたり堆肥に積み上げたりしながら、自然の仕組みとサイクルを口で説明することなしに季節を通じて体ごと体験します。

行事のおやつは手作りで、自然食、安全な食材を心がけています。

b0182584_11285159.jpg

☆一週間の流れ☆

月曜日:給食の野菜切り 
火曜日:ぬらし絵 
水曜日:散歩(多摩川など)/クレヨン画
木曜日:オイリュトミー 
金曜日:パンこね (天然酵母パン) 

*月曜日は給食(雑穀・豆ご飯+お味噌汁)。
*火、水、木曜日はお弁当。
*金曜日はパン給食(おかず持参)。


☆一日の流れ☆
9:00    10:00   10:30   11:00  12:30   12:50   13:30
自由遊び→ お片づけ→ うた遊び→ 外遊び→ おはなし→ 昼食→ お帰り




☆年間行事☆

*個別のお誕生会
*じゃが芋掘り遠足
*夏祭り
*さつま芋掘り遠足
*りんごロウソクの会(アドヴェントの庭)
*クリスマス 


b0182584_18422477.jpg
    毎日子どもたちが外遊びをする園庭代りの公園(園を出てすぐ)
[PR]
by nijiiro-no-tane | 2017-06-01 16:04 | 園児募集 | Comments(0)

2015年度 入園児のための親子一日体験デー

               

             - - - - - 終 了 し ま し た  - - - - -


 ***  ぎんのいずみ子ども園 一日体験デー ***
                              
                                     


《 一日体験デー 》 

日 時 : 2014年68日(日) 10:00~12:00 ( 園舎にて )
内 容 : ・ 大人は手仕事 / 子どもはおやつ作り(パンかクッキー) 
       ・ 子ども園で行なっているライゲン、素ばなしなどの体験
       ・ 子ども園のおもちゃでの遊び方
       ・ 質疑応答


b0182584_19374910.jpg


《 ぎんのいずみ子ども園の保育 》 

 ドイツで活躍した哲学者ルドルフ・シュタイナーの理念に基づいて子ども園での過ごし方を構成しています。毎日10数名(縦割りクラス / 最高定員15名)の3~6歳までの子どもたちが登園し、自由遊び~料理~うた遊び~手仕事~庭遊び~メルヘン などの流れで、家庭的な雰囲気の中で一日を過ごしています。
 
 7歳までの子どもの保育の目標は健康な“身体つくり”です。 この時期の子どもは何でもスポンジのように吸収する感覚器そのものです。 その感覚への栄養を考えた物質的環境、自然との触れ合い、ファンタジーの力、<模倣と手本> による、直接的な言葉によらない身体全体を通しての働きかけを中心とした保育をしています。

b0182584_19381254.jpg

 

★当日はささやかな ミニミニショップ(手作りシュタイナー玩具、父母たちによる手作りスイーツなど)もございます。
★上履きがございましたら、ご持参ください。

《 申し込み・問い合わせ 》
ぎんのいずみ子ども園  e-mail :ginnoizumikodomoen2000@gmail.com
                T/F 042-480-8696  (13:30~14:00)
                〒182-0023 調布市染地2-27-1 (杉森遺跡公園脇)



b0182584_193831100.jpg




☆ ぎんのいずみ子ども園のはじまり ☆  
 
 ぎんのいずみ子ども園は、1995年に調布つつじヶ丘で始まった<ぎんが文庫>を母体に、イギリスと日本でシュタイナー幼児教育を学んだ代表、山本ひさのにより、2000年に調布市染地に設立されました。
ぎんのいずみは、“いずみ”のように美しいものが次から次へと沸いてくるイメージ。そして、金より控えめな、でも、確かな輝きを放つ“銀”のイメージで名づけました。  

[PR]
by nijiiro-no-tane | 2014-05-14 04:39 | 入園説明会

2013年度入園説明会 春の巻

* ぎんのいずみ子ども園  ミニ体験 & 入園説明会 *
          

ミニ体験は、子ども園で日頃子どもたちが過ごしている時間を体験いただいて、大人のあり方や振る舞いも含めて、何を大事にするのか、どのように環境を整えようとしているのかを感じていただこうという時間です。手仕事で手を動かし、お話や歌でファンタジーの世界をのぞいてみましょう。簡単なおもちゃの使い方デモンストレーションもあります。


b0182584_7465529.jpg


日 時: 6月16日(土)

●ミニ体験 10:00~10:45
― ミニ体験(小さい手仕事~箸つくり & ライゲン または 素話 を予定)

●説明会 11:00~12:00 
― おもちゃの使い方のデモンストレーション
― 質疑応答   (ティータイムつき)



b0182584_7443367.jpg



ルドルフ・シュタイナーの人間観では、人間の一生を7年ごと、肉体・魂・精神の発達期に区切り、その時期が人生でどのような意味を持つのか、という考えのもとに基本的な生き方の心構えや人生観 が示唆されています。子ども期も、0~7歳までの幼児期、7~14歳までの児童期、14~21歳までの青年期と、3期に渡って見通されていて、その中でも健全な肉体の基盤となり、人間の原型である0~7歳までの幼児期は特に大切な時期と考えられています。





☆大人だけの参加です。入園の説明やご質問を受けます。
☆申し込み締切り : 一次締切り 6月12日(火)   最終締切り 6月15日(金)
☆父母の手作り品、シュタイナー書籍、スウィーツなどのミニ販売を予定しています。



*申込み・問合せ: *子ども園 T/F: 042-480-8696 (16:30-17:00)    
または、e-mail : nijiirohi@jcom.home.ne.jp まで、下記申し込み内容を記入の上お送り下さい

「第一部のみ参加」 「第二部のみ参加」 「どちらも参加」 希望のどれかをお書きの上、
  ①子どもの名まえ  ②性別   ③生年月日  ④参加する親の名まえ(父・母) 
  ⑤〒+住所     ⑥電話番号    ⑦携帯電話番号  
  ⑧この情報をもともと知った媒体 a)子ども園ブログ  b)チラシ(どこで) c)知人より
  ⑨『にじいろのたね』支援購読会員の方は「支援会員」
  とお書き下さい



☆お子さんと園舎内のおもちゃで遊んだり、手仕事をしながらの簡単な質問などは
スペース開放デー「ぎんが文庫」の時においでください。
5月25日(金)6月8日(金) 2:30~4:00 (事前にご連絡ください)   

ぎんのいずみ子ども園 〒182-0023 調布市染地2-27-1(杉森遺跡公園脇)



b0182584_7424468.jpg

[PR]
by nijiiro-no-tane | 2012-06-13 05:22 | 入園説明会 | Comments(0)