タグ:親子クラス ( 1 ) タグの人気記事

「くるみクラス」参加者の感想

b0182584_21120286.jpg
くるみクラスは、とても有意義な時間となりました。
興味のあったシュタイナーに実際触れることができ、子育てへの取り入れ方など大変参考になりました。
一番の収穫は、肩に力を入れずに日常生活の中で子育てをすれば良いと改めて認識できたことです。
おもちゃの整理から家の環境作りに出来ることを取り入れていて、気持ちが楽になっていっていることを実感しています。
手仕事は、クラス時間は月齢が低いと正直手につきませんが、空間にいるだけでも十分満足でした。
また、赤ちゃんが生まれて間もなくの時期、今は様々な子育てに対する情報や日本独特のママ友事情なども新米お母さんたちには不安を仰ぐものが多いですが、そんな中でシュタイナーに興味があるという共通点を持つお母さん方に出会えることは、迷いの中でひとつの自己肯定にもつながる勇気と安堵を貰える素晴らしい事だと思います。
どうぞこれからもくるみクラスを続けて頂けますようお祈りしています。

***

友達から話しを聞いたり、その方がよく作っているものをみて、とても温かさを感じ、子どもにもこういうおもちゃを使って遊んでもらいたいと、感覚的に思いました。そこからシュタイナー教育についてとても気になりだし肌で感じてみたいと思い参加しました。先生のお話は、なるほどなって思うことが多かったです。そして何よりも先生の歌声は子どもに安心感を与えてくれました。家でも、歌ってます。
まだまだあまりわからないこと、もしかしたらシュタイナーの教えとはかけ離れていることをしているかもしれませんが、
少しずつ取り入れていけたらいいなと、思うくるみクラスでした。

***

くるみクラス最初のころは、こどもが泣いたり、おっぱいだったり、なかなか作業は進まないなぁと思いましたが、こどもにとって歳の近い子との触れあいがとても良い刺激になっていました。
また、価値観の合う親同士知り合うことができたのは、児童館などではなかなか叶わないことなので、うれしかったです。
独身の頃から念願だったシュタイナーのおもちゃやシュタイナー的なあそび、過ごし方に触れて、こどもにとってどこまで伝わったかはまだよくわからないですが、体験させた親自身は、満足しています。

最初の回から考えると、子どもはクラスの場に慣れ、楽しそうになってきたようでした。
手仕事は、したい、したいと思っていても家だとなかなかできなかったので、クラスに出るのは、親子ともどもよいきっかけや、気分転換になりました。

***

正直、わが子以上に自分のほうがワクワク楽しむことができました。そのことに大きな価値があったと思います。手作業でモノを作ることが瞑想のような時間でとても癒されました。また、子どもにとっても大切なことなんだと気づきました。くるみクラスに参加したことをきっかけにこれからたくさんシュタイナーを吸収していきたいと思います。







[PR]
by nijiiro-no-tane | 2017-04-05 06:34 | 未就園児クラス いずみの小人 | Comments(0)