タグ:園児募集 ( 3 ) タグの人気記事

ぎんのいずみに、一日保育見学にいらした方の体験談です☆

***

先日は、保育見学をさせていただき、本当にありがとうございました。

先日の小人クラスは、雨のためバスを乗り継いで登園したのですが、雨の中娘と二人でお散歩したのがいつも以上に楽しかったです。
今日は、私がフェルトの小人さんを作っていたのですが、その隣で娘も針仕事をして、とても楽しい時間でした。

このように、ぎんのいずみに通えずとも私なりに教わったことを大切に生活していこうと思っています。
先生にお声かけ頂いたおかげで私自身の声を探す作業ができ、大切なことを再発見できました。ありがとうございました。

昨年度の小人クラスに参加して以来、先生からいろいろポイントごとにご指導頂いて、子育ての姿勢の基本を一から教えてもらえて本当にラッキーだったなと思っています。



先日、ぎんのいずみの保育を体験させて頂いて感じたことをまとめました。

●大人との距離感
よく教え込まれているし、よく遊びこんでいる姿、「素晴らしい!」と感じました。

まさかいつもは「ママ、ママ」の未就園の娘までもが同様に距離を取ってくるとは驚きでした。
初めての空間なのに自然に在園児に溶け込んで遊びに熱中して、すぐ隣にいる母親の存在に気が付かないほど遊びこんでいる姿は、同席していなかった主人にも見せたかったほど感動しました。

●縦割り保育
子どもたちの姿を見ていて、涙が出てしまいました。
小さい子をフォローする大きな子の姿。
異学年でもしっかり言い合いをする姿。
人数が人数なので、1人1人が助け合う輪というものがしっかり出来ているのを感じました。
きっと他の園でも異学年交流はやっていることだと思うのですが、圧倒的に《深さ》が違いますね。

●先生の丁寧さ
動きの一つ一つががさつでなく丁寧さを感じました。
子どもが真似するよいお手本であることを常に心に留めていることが感じられました。

また、子どもたちへ細かく目を配られているなぁと。
足がかゆくて、しきりと上履きや靴下をめくって掻(か)いていたAちゃん。
先生は「さっきからずっと掻いているわね」とおっしゃって塗り薬を塗ってあげました。
私は「えーっ!」でした。
水彩の絵の具のビン洗いや、子どもの遊びのおうち作り手伝いなど、色々作業しながらなのに、そこもしっかり見ていたのかと。

●環境づくり
ピンクのカーテン越しに窓から入る光や、ほんのり薄暗い環境での活動は、終始童話の中にいるようでした。
ホームページやブログで《木のあたたかみ》とありましたが、その言葉を「今、本当に体感している!」と、
最後の方にはうっとりしてしまいました。

●身体づくり
幼児期は、まずは身体づくり」というのを、雨の日でもしっかり取り入れているのに感心しました。
案山子(かかし)になって片足で立ったり、腰を落とした態勢でみんなで連なっての《ムカデの散歩》歩き。

運動不足の私にはきつかった^^
ちょっとしたことなのかもしれません、でも大切だと感じました。

●少人数制
確かに少人数ですが、体験してみると問題ないなぁと。
恐らく体験した日はお休みのお子さんもいて全員ではなかったようですが、その人数でもしっかり人間関係は出来るな、と体験してわかりました。

●保育者が同じということ
年間、同じ保育者に見てもらうというのは大きいなと感じました。どんなに意志疎通が出来ている環境でも、人が変わるとどうしてもどこかにブレがでてしまうものです。その点、しっかり一本筋が通った保育をされている方にずっと見てもらえるのは最大の強みではないのでしょうか。



たった2時間ほど、しかも室内活動しか見ていませんが、ぎんのいずみの実践している教育というものの素晴らしさを垣間見させてもらいました。

20年以上前ですが、私が幼稚園の教育実習したときに、ぎんのいずみでやらせてもらいたかったと、今、心から思います。
(あの時に今のひさのさんにお会いしていたら私の人生変わっていただろうなと思っています。)

いずみの小人クラスに通える時間もあと少しですが、ゆったりと楽しみながらも、いろいろな感覚をオープンにして参加させてもらいたいと思っています。

                                                  (3歳女児の母)


[PR]
by nijiiro-no-tane | 2017-10-30 07:27 | 入園説明会 | Comments(0)

2018年度 入園児 募集要綱 ☆

*** 2018年度   園 児 募 集  ***
             

募集対象: 2018年4月までに3歳の誕生日を迎えている年少児 及び 年中・年長児

時間: 月~金曜日 午前9時~午後1時30分
 
   *月2回 金曜日休み(未就園児クラス「いずみの小人」のため)

・入園金: 12万円 
・月謝: 3万8千円 (保育料 32000円 + 諸経費6000円)
     
  

*延長保育 一回 1000円       

b0182584_1730052.jpg
年長児が端午の節句(5月5日)のお祝いで、人形に新聞でつくった兜を被せているところ




*未就園児親子クラス「いずみの小人」「くるみクラス」を行っておりますので、園の様子を体験していただけます。
*入園時に、Mum'sの会(年12000円)にご入会いただいています。
年4回の冊子『暮*ら*そ*う』が配布されるほか、保護者会などでクッキー作り、人形作り、人形劇、手遊びなどが学べます。内3000円は、定例会会場費、畑での野菜作り、花壇(花いっぱい運動)のお世話、印刷物の作成などの園を支える活動費に充てられます。
*Mum'sの会の自主活動として、カフェバザーの開催、手仕事の会、定例会(月1回)などがあります。
*月謝は、年間学費として12等分して割り出してありますので、慣らし保育中、8月の夏休みも発生しますのでご了承ください。
*オイリュトミーの先生への謝礼が、別途かかります。(月1000円程度)           *冬季暖房費: 500円 × 5ヶ月
*毎月 金曜日2回「いずみの小人」の日(在園児はお休みとなります)

※上記の予定は変更される場合がありますので、予めご了承ください。
     








b0182584_17365424.jpg




ぎんのいずみ子ども園今年度のスタッフ 

●園長 

山本ひさの 
1998年渡英。イギリスにてシュタイナー幼児教育者養成コース、未就園児親子クラス指導者のためのコースで学ぶ。帰国後、2000年にぎんのいずみを開園。健全な子育ちを促進する暮らし方、大人の生き方の実践を通して、生命力に溢れた創造的未来を模索している。手作りおもちゃ、ガーデニング、うたなど、親子ともに生活に潤いが持てるライフスタイルを提案しエッセイなども書く。設立7年目ア・カペラコーラスグループ "クッカブーラ" で楽しく歌う。子(+自分)育て応援冊子『にじいろ』『暮*ら*そ*う』を刊行。日本シュタイナー幼児教育協会運営委員を2009年まで9年間歴任。故郷の佐渡ヶ島に"もったいない村"プロジェクトを構想中。



●保育者/アシスタント 

浜 麻衣子
子どもたちとの時間に幸せを覚え、料理、庭仕事が大好き。家にもミニミニ家庭菜園がある。ご主人は木工とマラソンの名手。中学と高校の娘が二人いて、うさぎも一羽飼っている。園の会計係も兼任。ピアノのレッスン中。


高橋浩子
おはなし、人形劇が好き。大学生(女子)と高校生(男子)の二人のママでもあり、お母さんのような大らかさと温かさで、子ども達を包みます。











b0182584_20592849.jpg

[PR]
by nijiiro-no-tane | 2017-07-18 22:09 | 園児募集 | Comments(0)

2014年度入園児説明会 秋の巻

             - 終了しました -

* ぎんのいずみ子ども園  ミニ体験 & 入園説明会 *
          

ミニ体験は、子ども園で日頃子どもたちが過ごしている時間を体験いただいて、大人のあり方や振る舞いも含めて、何を大事にするのか、どのように環境を整えようとしているのかを感じていただこうという時間です。手仕事で手を動かし、お話や歌でファンタジーの世界をのぞいてみましょう。簡単なおもちゃの使い方デモンストレーションもあります。

b0182584_1153334.jpg


日 時: 9月27(金)

午後2:30~4:00
●ミニ体験(小さい手仕事)
●説明会 
― おもちゃの使い方のデモンストレーション
― 質疑応答   (ティータイムつき)


ルドルフ・シュタイナーの人間観では、人間の一生を7年ごと、肉体・魂・精神の発達期に区切り、その時期が人生でどのような意味を持つのか、という考えのもとに基本的な生き方の心構えや人生観 が示唆されています。子ども期も、0~7歳までの幼児期、7~14歳までの児童期、14~21歳までの青年期と、3期に渡って見通されていて、その中でも健全な肉体の基盤となり、人間の原型である0~7歳までの幼児期は特に大切な時期と考えられています。


b0182584_6231039.jpg
b0182584_6241519.jpg



☆親子で参加できます。入園の説明やご質問を受けます。
☆申し込み締切り : 一次締切り 9月18日(火)   最終締切り 9月26日(木)
☆父母の手作り品、シュタイナー書籍、スウィーツなどのミニ販売を予定しています。



*申込み・問合せ: *子ども園 T/F: 042-480-8696 (16:15-16:30)    
または、e-mail : nijiirohi@jcom.home.ne.jp まで、下記申し込み内容を記入の上お送り下さい

「入園説明会 参加希望」とお書きの上、
  ①子どもの名まえ  ②性別   ③生年月日  ④参加する親の名まえ(父・母) 
  ⑤〒+住所     ⑥電話番号    ⑦携帯電話番号  
  ⑧この情報をもともと知った媒体 a)子ども園ブログ  b)チラシ(どこで)
   c)知人より d)その他   
 
とお書き下さい




☆また、お子さんと園舎内のおもちゃで遊んだり、手仕事をしながらの簡単な質問などは 普段の
スペース開放デー「ぎんが文庫」の時においでください。
次回 10月18日(金)2:30~4:00 
(事前にご連絡ください)   

ぎんのいずみ子ども園 〒182-0023 調布市染地2-27-1(杉森遺跡公園脇)




b0182584_103946.jpg
b0182584_1039374.jpg
b0182584_1040133.jpg










*******
◆クレヨンハウス『クーヨン』2012年10月号 
<「できた!」がきらめく部屋づくり> の取材を受けて、答えました。
ご興味がありましたら、ご覧になってみてください。

b0182584_824393.jpg
 
[PR]
by nijiiro-no-tane | 2013-09-01 08:30 | 入園説明会 | Comments(0)