ぎんのいずみ子ども園ニュース 2016年10月

* * * * * * *

冊子『にじいろ』11月号

今号は、《絵本》

◆これからの暮らし方と絵本
◆子ども園で人気・家庭で買い求めた絵本ベスト10冊
◆子ども園のおもちゃ棚より 《つみき》

お楽しみに☆
 



* * * * * * *
↑ 2016年11月1日追加



* * * * * * *

◎入園説明会時の質問にも出ましたが、

Q: ぎんのいずみ子ども園の卒園児は卒業後、どういう小学校に進むのですか?
A: 大体は、公立小学校です。(たまに私立小学校の場合もありました)
  シュタイナー学校は近くにないので、通わせられない場合が多いです。
   父親の転勤などで、海外のシュタイナー学校に行った例はあります。

 小学生クラスがあり、卒園してからも、週末などに、
 《オイリュトミークラス》 と
 《にじみ絵クラス》 
 は有志で行なっています。












* * * * * * *

冊子『にじいろ』10月号

今月号は、音楽

◆何とでも一体化する幼児
◆幼児を包む五度の音階
◆子ども園のおもちゃ棚より 《遊び布》


来月号は、絵本 を中心に考えています。

お楽しみに☆





* * * お 知 ら せ * * *

《秋の贈りもの》
ー 小さなお店と小さなカフェ ー
11月13日(日)
11:00~14:00


●子ども園で食べている有機野菜スープ/天然酵母パン
/お母さんたち手作りのスイーツ・おにぎり など
●シュタイナー園の歌あそび
b0182584_18444036.jpg●手作りおもちゃの販売
※今回は、おもちゃの使い方をじっくりと紹介する時間を設けます。『いずみの小人クラス』に参加のママ、全く初めてで遊び方がわからないというママにスタッフが説明いたします。
また歌遊びでは、実際に使って遊びます。
●保育コーナーで、実際におもちゃで遊べます。 
●木の実すくい















◆このブログの保育者プロフィールの私の欄に、
”佐渡サテライトプロジェクト構想中” となっていたと思います。

私=山本ひさのの郷里、佐渡ヶ島におきまして、空き家と耕作放棄地を利用して、田舎再生プロジェクトができないかと考えております。

ぎんのいずみの卒園児が高校や大学生のうちから人生の方向を探す段階での可能性として、また成人してから、あちらで営農したり、大工さん、畳屋さん、左官屋さん、豆腐屋さん、お坊さん、昔からあった、だんだんなくなっていく職人、職業、なんでも自分がなりたいものになって、手作り、エコ、平和などを考える ”もったいない村” みたいな構想です。

一人ひとりが、半農半X の 自分にとっての ”X” は何かを探し、実現する。

まずは、園の夏休みに滞在していただいて、観光したり、人と知り合ったり、島を探検していただくところから始めたいと思っております。滞在は1週間くらいから。我が家に泊まっていただけます。
海と山の幸ふんだん。伝統芸能も残っています。太鼓集団《鼓童》の本拠地です。

法人化して、あちらに常駐のスタッフも置きたいと思っています。大人の方も、このプロジェクト法人のスタッフ・理事になりたい方、移住したい方は、お気軽に私にご相談ください。

(約3年うちには、法人化を実現し、個人的には社会教育主事の資格を取ります)

夏休みお泊りは、来年あたりからぼちぼち始めます。




◆日本は課題先進国と言われ、中でも佐渡は大きめな島なので、日本の縮図と言われています。そんな中、とても新しい取り組みをしている、わが高校の同窓生が本を出しました。とても読みやすい本ですのでご興味のある方は是非どうぞ。園からも貸し出しています。 
『学校蔵の特別授業~佐渡から考える島国ニッポンの未来』
尾畑留美子 著 
発行日2015年11月24日  発行:日経BP社
b0182584_23181910.jpg









[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2016-09-23 21:43 | その他 | Comments(0)

2017年度入園児 説明会 Vol.2

      ー 終了いたしました ー


《 入園説明会 》 

日 時 : 2016年923日(金) 12:10~13:00( 園舎にて )                         
                 ※日程と一部内容が変更になりました
内 容 : ・ 大人は手仕事 /子どもは自由遊び 
     ・ 子ども園のおもちゃでの遊び方 / 歌あそび など
       ・ 質疑応答


b0182584_20132455.jpg




《 ぎんのいずみ子ども園の保育 》 

 ドイツで活躍した哲学者ルドルフ・シュタイナーの理念に基づいて子ども園での過ごし方を構成しています。毎日10名前後(縦割りクラス)の3~6歳までの子どもたちが登園し、自由遊び~料理~うた遊び~手仕事~庭遊び~メルヘン などの流れで、家庭的な雰囲気の中で一日を過ごしています。
 
 7歳までの子どもの保育の目標は健康な“身体つくり”です。 この時期の子どもは何でもスポンジのように吸収する感覚器そのものです。その感覚への栄養を考えた物質的環境、自然との触れ合い、ファンタジーの力、<模倣と手本>による、直接的な言葉によらない身体全体を通しての働きかけを中心とした保育をしています。


 

★当日はささやかな ミニミニショップ(手作りシュタイナー玩具など)もございます。
★上履きがございましたら、ご持参ください。

《 申し込み・問い合わせ 》
ぎんのいずみ子ども園  e-mail :ginnoizumikodomoen2000@gmail.com
            T/F 042-480-8696  (13:45~14:00)
            〒182-0023 調布市染地2-27-1 (杉森遺跡公園脇)





b0182584_193831100.jpg


























☆ ぎんのいずみ子ども園のはじまり ☆  
 
 ぎんのいずみ子ども園は、1995年に調布つつじヶ丘で始まった<ぎんが文庫>を母体に、イギリスと日本でシュタイナー幼児教育を学んだ代表、山本ひさのにより、2000年に調布市染地に設立されました。
ぎんのいずみは、“いずみ”のように美しいものが次から次へと沸いてくるイメージ。そして、金より控えめな、でも、確かな輝きを放つ“銀”のイメージで名づけました。  

[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2016-07-03 08:53 | 入園説明会 | Comments(0)

ア・カペラ アンサンブル ”クッカブーラ” コンサート    2016 のご案内☆

b0182584_06481335.jpg

[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2016-05-08 22:58 | イベント情報 | Comments(0)

冊子 『にじいろ』刊行のお知らせ

以前 『にじいろのたね』として18号で休刊しておりましたが、この度



として新しく生まれ変わってみなさまにお届けできることになりました☆


内容は、B5-4ページ

子ども園の日常を綴った「季節がかがやく時」
大人に伝えたい12章「子どもとつくる豊かな時間」
「子ども園のおもちゃ棚より」
・園での 毎月のおはなし・ライゲン・絵本・わらべうた・手遊び などの紹介
・シュタイナーのお祈りの言葉 生き方のヒントになる詩

(『にじいろのたね』で好評をいただいておりました 編集後記
山本ひさのの クオリティ・オブ・ライフ日記」も帰って参ります



              


ぎんのいずみ子ども園 友の会入会のご案内

このブログをご覧の方でクラスに参加できない方、また ’ いずみの小人クラス ’ にご参加の方で 「シュタイナー教育のことをもっと学びたい」「ぎんのいずみのことをもっと知りたい」「将来、入園を考えている」という方へのご案内です。

在園児保護者に配布している 園の月刊通信『にじいろ』を配布いたします。『にじいろ』には、子ども園の日常の保育の様子や、大人のための学びのコラム、おもちゃやおはなし、おすすめ絵本、手遊びやわらべうたなど、文化のエッセンスや子育てのヒントがたくさん詰まっています。年間12号発行の予定です。


年会費:
一年分一括払い  3000円
半年分 分割払い 1600円



(※なお、「くるみクラス」入会ずみの方は、1000円引きとなります)



振り込み先:
******************************
さわやか信用金庫 多摩川支店
普通預金
口座番号 1165575
ぎんのいずみ子ども園
******************************

申し込み・問い合わせ: 
ぎんのいずみ子ども園
✉ ginnoizumikodomoen2000@gmail.com 
☎ 042-480-8696(1:30-14:00 月~木)
〒182-0023 調布市染地2-27-1
[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2016-04-24 11:42 | 冊子 にじいろ | Comments(0)

小川 千帆さんによる講座のご紹介 その3

今回は『ハイペリカム(セイヨウオトギリ草)オイルを使ったマッサージケアで夏の冷え対策と秋と冬への健康法について』です。

まずは、千帆さんお手製のハイペリカムオイルについてご紹介いただきました。オトギリ草は世界に幾種類もありますが、今回ご紹介いただいたセイヨウオトギリ草のみ、綺麗な赤い色のオイルができるそうです。夏至の時期に咲くオトギリ草は、日の光をたっぷり浴びて咲くことから、光の効用を持ち、落ち込んでいる気持ちを明るくしてくれたり、また、高ぶる気持ちを光で制して抑えてくれたりする薬効があるそうです。薬効は他にも色々ありますが、オイルとして作る場合は、朝露が乾いてから花のみ摘み取り、瓶一杯にしてオリーブオイルに浸し、日中は日差しにあて、夜は室内に置くというプロセスを4週間かけて出来上がります。手間ひまをかけて、花の持つ力を最大限に引き出す方法を知るとともに、マッサージオイルを身近なもので作れるという素晴らしさも教えていただきました。また、たんぽぽやスギナの自家製オイルもご紹介いただき、希望者には少しお分けいただきました。

話は植物に始まり、バイオダイミック農法や種まきカレンダーなどもご紹介いただき、参加された皆さんは興味深く聞き入って、質問が絶えませんでした。

そのあとは、前回同様、マッサージの復習。子どもや家族にしてあげたい箇所を皆さん細かく確認しました。

植物そのものに焦点をあて、まずそのあり方を理解してから、その植物の力を借りて、自分のバランスを保つ力を助けてもらうということを意識することで、マッサージの意義がますます深まりました。いつもながらとても前向きになれる講座でした。



以下、参加された方々からの声をご紹介します。



カナダ東海岸で住み込んだ農家が、ドイツ移民のバイオダイナミック農法家でした。
その頃の私は、英語があまり理解できず、五感で農作業をし、勘で動き、宇宙のリズムに体を委ねていました。

その時はそんな風に思わずに、日々、一生懸命でしたが、昨日の千帆さんのお話で一気に体の記憶が目覚めました。

あれから15年経ち、この園に、この感覚に出会えたこと、全てはつながっていると実感できたこと、感謝します。

おとぎり草への理解、いつでも側にあったタンポポやすぎなへの理解は日常を豊かにしてくれます。ありがとうございました。

(年中児母)


千帆さんの講座はお人柄もあると思うのですが自然体で、お話もストンと入ってきます。「そのままでいいんだ」と思えました。

生活の疲れが出て来ていろいろ悩んでいたので、とても救われました。

夏至の頃のお話も、子どもは季節の変化を敏感に感じて自分で対応したりしてるのに、「こうすべき」と頭で考える私はいつも通りに当てはめようとしていました。傾向を知ってどういうふうにケアすればいいか教えていただけるのは本当に親子共の心身にとっても幸せなことだと思います。

何よりも今回の内容も楽しかったです。聖人と薬草の関わりも神秘的で、セントジョーンズワートがどれだけ人にとって重要な植物であるか、どれだけたくさんの人の助けになってきたかということを感じてしみじみありがたいなと思いました。

また講座が終わった後にも本や情報を知らせて下さるのがうれしいです。私は理解するのに時間がかかるので、染み込んだ頃にこうして教えて頂けると焦ることなく時間がある時に読んでみようと思います。

(年少児母)



オイリングの様子
b0182584_11102472.jpg


バイオダイナミック農法の種まきカレンダーとマッサージオイル
b0182584_1111342.jpg


ハイペリカムオイルの赤さ
b0182584_11111691.jpg

[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2015-07-08 11:17 | イベント情報 | Comments(0)

7月26日 子育てフェスタ ☆ エコギャラリー新宿

b0182584_8301415.jpg
b0182584_830402.jpg




シュタイナー子育てフェスタ Facebook
[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2015-06-28 08:31 | イベント情報 | Comments(0)

小川千帆さんによる講座のご紹介 その2

1月15日に、リズミカルマッサージ療法士の小川千帆さんをお招きして、今年度第2回目の講座を開催しました。

今回の内容は『生姜湿布』です。

まずは、足と手、お腹のマッサージのおさらいをしてから湿布の準備をしました。50センチ四方の布に約一パックの生姜をすりおろし、湯たんぽの上において湿布をあたためてから、背中の腰上あたりの腎臓にあてます。大人でしたらそのまま20分〜30分ほど横になります。毛のマフラー、バスタオル、フェイスタオルの上に暖かくした湿布をのせ、その上に横になります。お腹周りをバスタオルとマフラーで包んいき、さらに全身をシーツでくるみました。片方か両わきに湯たんぽを抱えると、さらに暖まります。自宅の場合は、布団の中でも出来ます。しばらくすると、背中がじわじわと温まり、次第にホッカイロを当てたようにポカポカと温まっていきました。温かさは湿布を外したあともしばらく続くほど。湿布はフェイスタオルと共に20分か30分ほどしたら外して、バスタオルとマフラーでまた30分ほど横になり休みます。

腎臓は身体の血液を濾過する働きを持っており、その量はなんと1日1000〜1500リットルだそうです。この腎臓の働きが悪くなると身体に毒素がたまり、不調の原因となることもあるそうです。体調が悪いとき、疲れた時には、この生姜湿布で温めてケアしてあげるとよいそうです。

生姜パワーの威力に参加者からも驚きの声が多数あがりました。

以下、参加者の声をご紹介します。

⚫︎いつもながら千帆さんの手は魔法のようにいい気持ちでした。お腹のマッサージは大腸の形に沿って手のひらを使ってなぞる。自分でもできますし、子どもが便秘ぎみのときにもやってあげられそうです。腎臓を温める生姜湿布は予想以上の温かさでした!湿布を外した後までしばらくポカポカしていたのには驚きでした。毎回思うのですが、病院に頼らずに自分でできるケアの方法を教えていただけるので、本当に助かります。(年少、年長児母)

⚫︎普段から、腰痛があるのですが、腎臓の働きの低下と関係していると聞き、普段のケアに取り入れたいと思いました。湿布をした後は、身体が軽くなったように感じ、普段しんどくなりがちな夕方も調子がよかったです。身近なもので身体を労わる知恵を知ることはとてもありがたいです。
(年少、年長児母)
[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2015-01-27 10:21 | イベント情報 | Comments(0)

クレヨンハウス 月間 『クーヨン』 2014年12月号に載りました☆

b0182584_201807.jpg

月刊クーヨン2014年12月号 : 
いろいろな可能性を応援してくれる!子どもが育つおもちゃ選び


<生きる才能となるファンタジー育て>という内容でお話させていただきました。
ご興味があったら、お読みになってみてください。        山本ひさの
[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2014-11-24 20:20 | その他 | Comments(0)

小川千帆さんによる講座のご紹介

10月23日、リズミカルマッサージ療法士の小川千帆さんをお招きして、子ども園の在園児父母むけに「風邪予防のためのオイリングと湿布ケア講座」を開いていただきました。

当日は、肌寒いお天気が、内容にピッタリとなりました。まず、千帆さんより、皆さんからの事前アンケートをもとに、色々お話をいただき、今回のメインテーマに。オイリングでは、ムーアラベンダーのオイルで、背中を上から下にゆっくり撫で下ろし、さらに足、手と移りました。その後、お腹の湿布へ。乾燥させたのこぎり草の花をその場で煮出し、小さなハンカチサイズの布をエキス中で絞りそれをお腹にのせてからタオルでお腹を巻きます。その上からウールのマフラーでお腹周りをくるみ、さらに湯たんぽをお腹かお腹の横に乗せて20~30分横になります。その後湿布を外し、その上で全身をミノムシのようにシーツでくるみました。温泉のように全身が内側からポカポカあたたまる感覚は本当に驚きです!

身心のバランスを整えるために、身体を温めることの大切さを学びましたし、千帆さんの「病院に行く前に出来ることが沢山あるのよ!」という言葉がとても印象的でした。千帆さんには、講座以外にも子育てについてのアドバイスも色々いただき、とても有意義な時間となりました。以下、参加された方々の感想をご紹介します。


オイルケアや、湯たんぽ、湿布ケアなど、体が芯からリラックスできる時間を有難うございました。「冷え」を今まであまり意識していませんでしたが、今回の講座で、自分が冷えている事に気が付きました!日常の中で、素敵なお話を思い出しながら、色々と実践していきたいと思います。(年少児母)


宇宙とのつながりを意識して日々生活していきたいと思いました。主人や子ども達の体調を管理するには、自分の体の不調に敏感になる必要性を感じました。湿布も生活の中に取り入れられたらいいと思いました。子供に、つい言ってしまう「ダメ!」。結果を伝えてあげる事が、その子の心に届くという事。親がカッっとなってしまったり、時間的に余裕がないと、子どもに脅すような事を言ったり、人格を否定するような事を言ってしまいたくなる私ですが、けっして彼らの心の安定をみだすような事を言わないように、常に気をつけていこうと思いました。(年長児母)


とてもゆったりとした時間を過ごすことができました。ハーブ湿布は初めてでよくわかりました。体調を崩したとき、病院に行く前に自分で自然な対処法ができると、とても助かります。薬に頼らず、自分の力で治すことはすごく大切だと思います。シーツにくるまれて、暖かくてとても気持ち良く元気になりました。体を温めることは全ての基本なんですね。帰って早速子供に背中のオイリングをしたところ、すごく喜んでくれました。簡単で少しの時間でできるので、続けられそうです。講座をうけて、とても勉強になったし、自分も気持ち良くてとても楽しかったです。リフレッシュできました。ありがとうございました。(年少児母)
[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2014-11-05 20:56 | その他 | Comments(0)

カフェ・バザーのご案内☆

*** 大盛況のうちに終了しました。今年は例年に増して、
1~2歳の小さい子どもさんがたくさんいらして下さいました。
ありがとうございました。***


b0182584_1135634.jpg
b0182584_1126571.jpg

[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2014-10-05 23:03 | イベント情報 | Comments(0)

ア・カペラ アンサンブル ”クッカブーラ”コンサートのご案内☆

来場のみなさまの温かいまなざしに包まれながら、気持ちよく歌わせていただきました。会場をお貸しくださった、調布教会の関係者にも感謝いたします ♪ ありがとうございました☆


b0182584_2271132.jpg

[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2014-10-05 23:00 | Comments(0)

ヴェレダ ベビーマッサージのビデオ



★時間のある時に訳しましょうね



ここで使われているカレンデュラ・オイルは子ども園に在庫が数本ありますので、
いらした時にお分けできます




[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2014-09-27 08:15 | その他 | Comments(0)

ぎんのいずみ子ども園 今後の催しのご案内☆

           * * * 今後の催しのご案内 * * *
 
     


★入園説明会
10月10日(金)
 13:00~14:00



★ミニバザー&カフェ ぎんのいずみ園舎にて
11月16日(日)
 11:00~14:00

※詳しくは、追ってこのブログに掲載いたしますので、ご覧ください。


★ア・カペラ アンサンブル〝クッカブーラ” コンサート
11月23日(日)
 14:00~15:30  調布教会にて  入場無料

♪ 朝の讃美歌~アレルヤ(映画『サウンド・オブ・ミュージック』より)ラテン語。女性3声
♪ Donna Nobis Pachem 『我らに平和を』(カノン。ラテン語)
♪ 聖者の行進/All Nights/Swing low  3曲同時(アメリカ。ゴスペル。英語)
♪ Tebe Poem 『神に祈る』(ブルガリア語) 女性3声   
♪ Ave Verum Corpus 『めでたし、まことのお体よ』(William Byrd 作曲)ラテン語。女性3声
♪ 鐘のキャロル (アメリカ。日本語)女性3声
♪ Ding Dong Bell (カノン。英語)
♪ 平和の鐘 (カノン。ドイツ、日本語)
♪ 夢路より (フォスター作曲。日本語)女性3声
♪ Kookaburra 『わらいかわせみ』(カノン。オーストラリア。英語)

他 を予定しています。お楽しみに ♪








==========================
ぎんのいずみ子ども園
〒182-0023 東京都調布市染地2-27-1(杉森遺跡公園脇)
E-mail:ginnoizumikodomoen2000@gmail.com
T/F:042-480-8696(13:30~14:00) 
ホームページ http://ginnoizumi.jimdo.com/
==========================









- 子守唄コンサートは終了しました -

♪ こもりうた/わらべうた コンサート 
9月26日(金)
 10:00~12:00   

♪ シューベルトの子守唄 ♪ モーツァルトの子守唄 ♪ ブラームスの子守唄
♪ ルーマニアの子守唄  ♪ ロシアのわらべうた より
♪ 江戸の子守唄 ♪ 中国地方の子守唄 ♪ 日本各地に伝わる子守唄メドレー 
♪ シュタイナー幼稚園の歌 より
*******
♪ 遊具を使って
♪ 手遊び (オイルをつけて)
●スウィーツの時間あり

未就園児クラス「いずみの小人」の時間に行います。一般参加者も若干受付いたします。その場合の参加費2000円です。
[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2014-09-26 18:59 | イベント情報 | Comments(0)

在園児父母向け 『 オイリュトミー講座 』 がありました

子ども園は夏休みを迎えました。

1学期中に行なった在園児の父母向けオイリュトミー講座のご紹介です。

b0182584_9452792.jpg
                                  『オイリュトミーぬりえⅠ 母音と子音』より

*******

子ども園では、子どもの活動として週1度、専門のオイリュトミストに来ていただく、
シュタイナーが考案した運動芸術<オイリュトミー>の日があります。

「ギリシャ語で<美しいリズム=Eurythmy>という意味で、
どの言葉(音)にもそれを表わす形があり、
その美しい言葉で綴られたメルヘンや詩を、
子どもたちは、オイリュトミストと一体になって動きます。
芸術活動であるとともに、宇宙の力とも呼応するかのように心身を健康にします」



*******

ただ、オイリュトミーといっても、4月から新しく子ども園に入った方には、
いまひとつよくわからないというママもいました。

そこで、大人の講座では、いつも園で子どもにやって下さる
山本みちるさんをお招きして、実際に今、子どもたちがやっている、
絵本『みずまき』(木葉井 悦子 作)をモチーフにした動きをご紹介いただきました。
お話に出てくる、蟹やぼうふらや様々な生き物になりながら、
子どもと同じ様に、リズミカルに身体を動かし、楽しいひと時を過ごしました。


*******

以下、参加者の声をご紹介します。

●みちるさんと自分の動きとに集中することで、体と意識が重なり合い、
瞑想のような状態に入っていました。清々しく、とても気持ちよかったです。
(年少児 母)

●いつも、みちるさんの動きを見ているだけで心地良くなっている私です。
今回は、子どもたちがやっているお話だったので、
楽しそうにしている子どもたちの日常を想像できて良かったです。
実際に動いてみると、普段意識しない呼吸や指先の動きなどが感じられました。
(年少&長児 母)

●初体験でしたが、みちるさんの温かさに包まれて、心地良い時間でした。
自分もすっかり子どもに戻ってお話の中に入り、音や動きになったようでした。
子ども達が踊っていると思うと、やはり子ども園に来て良かったとしみじみ思いました。
(年少児 母)

●園でのオイリュトミーは,いつも詳しく子どもに聞いたりできなくて
ひょっとしてその動きはオイリュトミーかな…といつも気になっています。
講座で子どものオイリュトミーをやってみて,
お話を体の動きで辿りながら無性に楽しくて笑みがこぼれてきてしまいました。
同時にシャワーの清々しさとか,思わぬボウフラの急な動きへの驚きとか、
沢蟹のもじゃらもじゃらの面白いけど踊るような気持ちよさ,
タピッタピッという動きのくすぐったさ。
みちるさんの言葉と動きの世界に引き込まれながら,
そんないろいろな感覚を楽しめて癒されました。
それで子どもが家で,もじゃらもじゃら,キュルルッと,
急に思い出したのか面白そうにやっているのを見て,
ああ!これだ? しかも面白がってるところが同じ!と笑ってしまいました。
子どもの中にしみこんでるなあと感謝の気持ちです。
(年長児 母)












***  『オイリュトミーぬりえ』というのが出版されたようです。
(小学生以上ではまた違うと思いますが、幼児にぬり絵させるのではなく、まず大人のためとお考えください。)



Eurythmiemalbuch I,II のサイトにその製作の経緯と意図が載っています。

b0182584_9485480.jpg
『 オイリュトミーぬりえ I 母音と子音 』 橋祐太、吉田恵美 著  SAKS-BOOKS 刊
[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2014-07-25 15:01 | イベント情報 | Comments(0)

"子育てフェスタ 2014" のお知らせ ☆

大盛況のうちに終了いたしました☆ 
ぎんのいずみ子ども園も出店させていただき、
手づくり品では、
虹染めのシルク・エコバッグ/ぼうず人形/砂袋などが人気で、
ワークショップ:にじいろふわふわ(羊毛にみつろうクレヨンで色付け)
糸紡ぎ体験も好評をいただきました。
ご来場くださった方がた、ありがとうございました。


b0182584_6444329.jpg


チケット情報






シュタイナー子育てフェスタへの入場は無料ですが、
一部有料チケット制となっております。

開催時刻により販売時間や場所が異なります。詳細は下記をご覧ください。


****************************************


9:40~販売開始の公演


【お父さんと遊ぼう】 

販売&開催場所:センター棟306号室  

参加費/父子1,000円(お子さんの参加は兄弟姉妹2人まで可能です。)

定員20組   対象年齢/2歳~就学前   開催時間/10:00~10:50


毎日忙しいお父さんですが、子どもはお父さんだからこそできる触れあい遊びを求めています。
実際に身体を動かして遊びましょう。動きやすい服装でご参加ください。





【大人のためのシュタイナー学校体験講座1「文字」】

販売&開催場所:センター棟513号室 

参加費/500円 (お子さんの参加はできません。)  

定員40名  開催時間/10:00~10:40

託児制度(1人500円)がございます。託児ご利用の方はチケット購入の時にお申込みください。

先着10名まで。




****************************************


10:00~販売開始の公演  

販売場所:センター棟501号室


【シュタイナー子育て講演会】 参加費1,000円 (1歳以上のお子さんの入場不可)

定員160名  開催場所センター棟309号室   11:00~12:00


昨年のフェスタで大好評だったウルリケ・ペッター氏の子育てについての講演会です。

ウルリケ・ペッター  スイスでオイリュトミー療法士として、治療教育の領域で活動

託児制度(1人500円)がございます。託児ご利用の方はチケット購入の時にお申込みください。

先着10名まで。





【人形劇(午前の部)】 参加費/大人500円 子ども200円(2歳未満のお子さんは膝上の場合無料)

定員各40名  開催場所:センター棟510号室

10:30 おいしいおかゆ(1)

11:05 おいしいおかゆ(2)

11:40 ホットケーキをつくり出す金の手ひき臼(1)


*(1)と(2)は同じ内容です


☆人形劇ご参加へのお願い☆

私たちは、子どもにとって人形劇の体験は1日1公演が望ましいと思っています。また、1人でも多くの方にこの体験をしていただければと思い、お1人様1公演までの参加をお願いします。ご協力宜しくお願いします。





【ライアーコンサート(午前の部)】 

参加費/大人500円 子ども200円(2歳未満のお子さんは膝上の場合無料)

定員80名  開催場所:センター棟513号室   11:10~11:40

聴く人の魂に届く音色をもつライアーの魅力をぜひ堪能ください。






【大人のためのシュタイナー学校体験講座2「数」】12:10~12:50

【大人のためのシュタイナー学校体験講座3「フォルメン」】14:20~15:00

参加費各500円(お子さんの参加はできません。) 定員40名  開催場所:センター棟513号室   

託児制度(1人500円)がございます。託児ご利用の方はチケット購入の時にお申込みください。

先着10名まで。





****************************************


12:00~販売開始の公演  

販売場所:センター棟501号室





【人形劇(午後の部)】 参加費/大人500円 子ども200円(2歳未満のお子さんは膝上の場合無料)


定員各40名  開催場所:センター棟510号室

13:00 ホットケーキをつくり出す金の手ひき臼(2)

13:40 いろいろな所へ連れて行ってもらいたかった男の子の話(1)

14:15 いろいろな所へ連れて行ってもらいたかった男の子の話(2)


*(1)と(2)は同じ内容です





☆人形劇ご参加へのお願い☆

私たちは、子どもにとって人形劇の体験は1日1公演が望ましいと思っています。また、1人でも多くの方にこの体験をしていただければと思い、お1人様1公演までの参加をお願いします。ご協力宜しくお願いします。





【ライアーコンサート(午後の部)】 


参加費/大人500円 子ども200円(2歳未満のお子さんは膝上の場合無料)

定員80名  開催場所:センター棟513号室   13:20~13:50

聴く人の魂に届く音色をもつライアーの魅力をぜひ堪能ください。




http://steinerfesta.blogspot.jp/
[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2014-07-25 15:00 | イベント情報 | Comments(0)

2015年度 入園児のための親子一日体験デー

               

             - - - - - 終 了 し ま し た  - - - - -


 ***  ぎんのいずみ子ども園 一日体験デー ***
                              
                                     


《 一日体験デー 》 

日 時 : 2014年68日(日) 10:00~12:00 ( 園舎にて )
内 容 : ・ 大人は手仕事 / 子どもはおやつ作り(パンかクッキー) 
       ・ 子ども園で行なっているライゲン、素ばなしなどの体験
       ・ 子ども園のおもちゃでの遊び方
       ・ 質疑応答


b0182584_19374910.jpg


《 ぎんのいずみ子ども園の保育 》 

 ドイツで活躍した哲学者ルドルフ・シュタイナーの理念に基づいて子ども園での過ごし方を構成しています。毎日10数名(縦割りクラス / 最高定員15名)の3~6歳までの子どもたちが登園し、自由遊び~料理~うた遊び~手仕事~庭遊び~メルヘン などの流れで、家庭的な雰囲気の中で一日を過ごしています。
 
 7歳までの子どもの保育の目標は健康な“身体つくり”です。 この時期の子どもは何でもスポンジのように吸収する感覚器そのものです。 その感覚への栄養を考えた物質的環境、自然との触れ合い、ファンタジーの力、<模倣と手本> による、直接的な言葉によらない身体全体を通しての働きかけを中心とした保育をしています。

b0182584_19381254.jpg

 

★当日はささやかな ミニミニショップ(手作りシュタイナー玩具、父母たちによる手作りスイーツなど)もございます。
★上履きがございましたら、ご持参ください。

《 申し込み・問い合わせ 》
ぎんのいずみ子ども園  e-mail :ginnoizumikodomoen2000@gmail.com
                T/F 042-480-8696  (13:30~14:00)
                〒182-0023 調布市染地2-27-1 (杉森遺跡公園脇)



b0182584_193831100.jpg




☆ ぎんのいずみ子ども園のはじまり ☆  
 
 ぎんのいずみ子ども園は、1995年に調布つつじヶ丘で始まった<ぎんが文庫>を母体に、イギリスと日本でシュタイナー幼児教育を学んだ代表、山本ひさのにより、2000年に調布市染地に設立されました。
ぎんのいずみは、“いずみ”のように美しいものが次から次へと沸いてくるイメージ。そして、金より控えめな、でも、確かな輝きを放つ“銀”のイメージで名づけました。  

[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2014-05-14 04:39 | 入園説明会

2014年 親子に贈る オイリュトミー公演

〈親子に贈る〉 オイリュトミー公演を開催いたします。
ぎんのいずみ子ども園で担当していただいているオイリュトミストの山本みちるさんを中心としたオイリュトミー公演です。
子どもたちはオイリュトミストが語る昔話や季節のお話の中で、その世界に浸りながら、生きた本当の言葉、自分の中にあるリズミカルな生命の営みを体験します。ぜひご覧ください。

(主催 ぎんのいずみ子ども園 父母勉強会『にじいろの庭』)

日時:2014年2月23日(日)開演 14:40(開場 14:30)
会場:狛江市中央公民館 B1ホール
   狛江市和泉本町1-1-5 TEL 03-3488-4411
チケット : 大人 1,500円 / 小人(小・中・高)1,000円 / 幼児 500円
b0182584_1181114.jpg
b0182584_1172245.jpg

[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2014-01-28 11:17 | イベント情報 | Comments(0)

2013年 カフェ・バザー&コーラス発表

2013年カフェ・バザー&コーラス発表
を開催いたします。
毎年好評の手作りカフェでゆったリとした秋の一日をお過ごし下さい。
ぎんのいずみコーラス部〈クッカブーラ〉の発表会もお楽しみに!

(主催 ぎんのいずみ子ども園 父母勉強会『にじいろの庭』)

日時:2013年11月17日(日) OPEN 11:00〜15:00
会場:ぎんのいずみ子ども園
   〒182-0023 東京都調布市染地2-27-1(杉森遺跡公園脇)

クリックすると拡大されます ↓
b0182584_15433391.jpg

b0182584_15443753.jpg

[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2013-10-12 16:54 | Comments(0)

2014年度入園児説明会 秋の巻

             - 終了しました -

* ぎんのいずみ子ども園  ミニ体験 & 入園説明会 *
          

ミニ体験は、子ども園で日頃子どもたちが過ごしている時間を体験いただいて、大人のあり方や振る舞いも含めて、何を大事にするのか、どのように環境を整えようとしているのかを感じていただこうという時間です。手仕事で手を動かし、お話や歌でファンタジーの世界をのぞいてみましょう。簡単なおもちゃの使い方デモンストレーションもあります。

b0182584_1153334.jpg


日 時: 9月27(金)

午後2:30~4:00
●ミニ体験(小さい手仕事)
●説明会 
― おもちゃの使い方のデモンストレーション
― 質疑応答   (ティータイムつき)


ルドルフ・シュタイナーの人間観では、人間の一生を7年ごと、肉体・魂・精神の発達期に区切り、その時期が人生でどのような意味を持つのか、という考えのもとに基本的な生き方の心構えや人生観 が示唆されています。子ども期も、0~7歳までの幼児期、7~14歳までの児童期、14~21歳までの青年期と、3期に渡って見通されていて、その中でも健全な肉体の基盤となり、人間の原型である0~7歳までの幼児期は特に大切な時期と考えられています。


b0182584_6231039.jpg
b0182584_6241519.jpg



☆親子で参加できます。入園の説明やご質問を受けます。
☆申し込み締切り : 一次締切り 9月18日(火)   最終締切り 9月26日(木)
☆父母の手作り品、シュタイナー書籍、スウィーツなどのミニ販売を予定しています。



*申込み・問合せ: *子ども園 T/F: 042-480-8696 (16:15-16:30)    
または、e-mail : nijiirohi@jcom.home.ne.jp まで、下記申し込み内容を記入の上お送り下さい

「入園説明会 参加希望」とお書きの上、
  ①子どもの名まえ  ②性別   ③生年月日  ④参加する親の名まえ(父・母) 
  ⑤〒+住所     ⑥電話番号    ⑦携帯電話番号  
  ⑧この情報をもともと知った媒体 a)子ども園ブログ  b)チラシ(どこで)
   c)知人より d)その他   
 
とお書き下さい




☆また、お子さんと園舎内のおもちゃで遊んだり、手仕事をしながらの簡単な質問などは 普段の
スペース開放デー「ぎんが文庫」の時においでください。
次回 10月18日(金)2:30~4:00 
(事前にご連絡ください)   

ぎんのいずみ子ども園 〒182-0023 調布市染地2-27-1(杉森遺跡公園脇)




b0182584_103946.jpg
b0182584_1039374.jpg
b0182584_1040133.jpg










*******
◆クレヨンハウス『クーヨン』2012年10月号 
<「できた!」がきらめく部屋づくり> の取材を受けて、答えました。
ご興味がありましたら、ご覧になってみてください。

b0182584_824393.jpg
 
[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2013-09-01 08:30 | 入園説明会 | Comments(0)

今年も「シュタイナー子育てフェスタ」が開催されます☆

「シュタイナー子育てフェスタ 2013」

昨年、たくさんの方に楽しんでいただいた<シュタイナー子育てフェスタ>が今年も開催されます。
今回も全国各地のシュタイナー園・学校などが集まって、
人形劇、ワークショップ、遊びひろば、相談スペース、販売などをお送りする予定です。

(詳細は随時お知らせします)
http://jaswece.org/02/index.html


シュタイナー教育ってなんだろう? こども園や学校はどんな感じなんだろう?
大人も子どもも楽しめる、温かな一日をお送りします。
どうぞ遊びにいらしてください。


日時: 2013年7月28日(日)

    10:00~15:30



場所: 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟416号室

    〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1 

 (小田急線「参宮橋駅」より徒歩7分 

バス「新宿駅西口(16番)より 代々木5丁目下車」 「渋谷駅西口(14番)より
代々木5丁目下車)」)

    http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html






●シュタイナー幼児教育近刊
b0182584_1383677.png
          「子どものための 四季の祝祭 - シュタイナー教育の現場から」 (涼風書林刊)
[PR]
# by nijiiro-no-tane | 2013-06-10 22:13 | イベント情報 | Comments(0)