<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

クレヨンハウス 月間 『クーヨン』 2014年12月号に載りました☆

b0182584_201807.jpg

月刊クーヨン2014年12月号 : 
いろいろな可能性を応援してくれる!子どもが育つおもちゃ選び


<生きる才能となるファンタジー育て>という内容でお話させていただきました。
ご興味があったら、お読みになってみてください。        山本ひさの
[PR]
by nijiiro-no-tane | 2014-11-24 20:20 | その他 | Comments(0)

小川千帆さんによる講座のご紹介

10月23日、リズミカルマッサージ療法士の小川千帆さんをお招きして、子ども園の在園児父母むけに「風邪予防のためのオイリングと湿布ケア講座」を開いていただきました。

当日は、肌寒いお天気が、内容にピッタリとなりました。まず、千帆さんより、皆さんからの事前アンケートをもとに、色々お話をいただき、今回のメインテーマに。オイリングでは、ムーアラベンダーのオイルで、背中を上から下にゆっくり撫で下ろし、さらに足、手と移りました。その後、お腹の湿布へ。乾燥させたのこぎり草の花をその場で煮出し、小さなハンカチサイズの布をエキス中で絞りそれをお腹にのせてからタオルでお腹を巻きます。その上からウールのマフラーでお腹周りをくるみ、さらに湯たんぽをお腹かお腹の横に乗せて20~30分横になります。その後湿布を外し、その上で全身をミノムシのようにシーツでくるみました。温泉のように全身が内側からポカポカあたたまる感覚は本当に驚きです!

身心のバランスを整えるために、身体を温めることの大切さを学びましたし、千帆さんの「病院に行く前に出来ることが沢山あるのよ!」という言葉がとても印象的でした。千帆さんには、講座以外にも子育てについてのアドバイスも色々いただき、とても有意義な時間となりました。以下、参加された方々の感想をご紹介します。


オイルケアや、湯たんぽ、湿布ケアなど、体が芯からリラックスできる時間を有難うございました。「冷え」を今まであまり意識していませんでしたが、今回の講座で、自分が冷えている事に気が付きました!日常の中で、素敵なお話を思い出しながら、色々と実践していきたいと思います。(年少児母)


宇宙とのつながりを意識して日々生活していきたいと思いました。主人や子ども達の体調を管理するには、自分の体の不調に敏感になる必要性を感じました。湿布も生活の中に取り入れられたらいいと思いました。子供に、つい言ってしまう「ダメ!」。結果を伝えてあげる事が、その子の心に届くという事。親がカッっとなってしまったり、時間的に余裕がないと、子どもに脅すような事を言ったり、人格を否定するような事を言ってしまいたくなる私ですが、けっして彼らの心の安定をみだすような事を言わないように、常に気をつけていこうと思いました。(年長児母)


とてもゆったりとした時間を過ごすことができました。ハーブ湿布は初めてでよくわかりました。体調を崩したとき、病院に行く前に自分で自然な対処法ができると、とても助かります。薬に頼らず、自分の力で治すことはすごく大切だと思います。シーツにくるまれて、暖かくてとても気持ち良く元気になりました。体を温めることは全ての基本なんですね。帰って早速子供に背中のオイリングをしたところ、すごく喜んでくれました。簡単で少しの時間でできるので、続けられそうです。講座をうけて、とても勉強になったし、自分も気持ち良くてとても楽しかったです。リフレッシュできました。ありがとうございました。(年少児母)
[PR]
by nijiiro-no-tane | 2014-11-05 20:56 | その他 | Comments(0)