<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

遊び込む子どもたち ♪ ♪ ♪  遊びは仕事、仕事は遊び

<室内の自由遊び>
b0182584_8163536.jpg
もう一軒家をつくる相談中?





b0182584_8152747.jpg
「あら、おとうさん、きれいに洗濯物ほしてくれてありがとう ♪ じゃあ、わたし出かけてきます」





b0182584_8154520.jpg
可動畳は、あまり敷かれたことはなく、ここでも壁に・・・。ちゃんと丸太で押さえてます☆





b0182584_8161458.jpg










<園庭での庭仕事>
b0182584_818232.jpg
コップの中には何がいる?





b0182584_8205857.jpg
水路工事に余念がない工夫たち。 (あっ、真ん中辺にもう小さいトンネルができているではないか・・・)





b0182584_8184378.jpg
夏のプール遊びのロート(漏斗)で感触を得たのか最近、樋(とい)の原理を発見して誰もがマイ・ブーム





b0182584_819074.jpg
<ノームの庭>の堆肥のお山の天地返し。頼もしい助っ人(?)が・・・。
ミニ鍬(くわ)も使ってます。












<週一回の多摩川の散歩>

b0182584_8394664.jpg
行列のできる木





b0182584_84053.jpg
お席は4人様のみです。もうしばらくお待ちください。





b0182584_8402254.jpg






b0182584_8403986.jpg





木から道を隔てて土手の坂。両者、出走前に余裕のカメラ目線
b0182584_842137.jpg

第一走者スタート!
b0182584_8412168.jpg
b0182584_8413920.jpg


ええいっ、ボードなんていらない!自分で転がっちゃえっ!!
b0182584_8424153.jpg







川原へ降りる道。藪の向こうにはどんなワンダーな世界が・・・?
b0182584_83163.jpg

b0182584_8303517.jpg






b0182584_8321873.jpg
途中にある池。そんなに可笑しい何がいたのか?




b0182584_8323526.jpg






b0182584_8315440.jpg







☆2010年度スタッフプロフィール☆

担任 - 植松あずさ

大学文学部卒業後に保育士の資格取得。自然食品店勤務の後、保育園で働く。在職中シュタイナー教育の考えに触れ、ぎんのいずみ子ども園と出会い、担任となる。料理、手仕事、花を摘むこと生けること、お話、わらべうた等子どもと一緒にすることが好きです。
水彩とライアーのクラスに通い、自分の心も楽しませています。


アシスタント - 荒平由美子

幼児のそばにいるだけで子どもからさまざまな真理、もっと言えば宇宙的なことまで学ばせてもらっていて、一日一度は彼らの発する一言にほくそ笑んでいます ♪ 大学では国際教育専攻。演劇や舞台、絵本、仏教美術などの世界にも興味があります。


園代表 - 山本ひさの 

1998年渡英。イギリスにてシュタイナー幼児教育者養成コース、未就園児親子クラス指導者のためのコースで学ぶ。帰国後、2000年にぎんのいずみを開園。健全な子育ちを促進する暮らし方、大人の生き方の実践を通して、生命力に溢れた創造的未来を模索している。手作りおもちゃ、ガーデニング、うたなど、親子ともに生活に潤いが持てるライフスタイルを提案しエッセイなども書く。日本シュタイナー幼児教育協会運営委員を昨年まで9年間歴任。
[PR]
by nijiiro-no-tane | 2011-01-25 09:35 | Comments(0)

あやつり人形劇 “七羽のからす”

**あやつり人形劇  “七羽のからす”**

上演:嶺町幼稚園 人形劇グループ「パオ」

(主催 ぎんのいずみ父母勉強会 にじいろの庭)



《シュタイナー幼児教育の現場で行われている人形劇について》

語り継がれてきた昔話には、様々な登場人物の姿を通して、人間の叡智が描かれております。主人公が乗り越える苦難や残酷さは人生のArchetype(原型)と捉えることもできます。
園の子どもたちは、毎日お帰りの前に季節にふさわしいお話を素ばなしで聴いていますが、夏祭りやクリスマス会他の機会に人形劇仕立てにして上演することもあります。年長児は卒園前の三学期に<動かし手>として人形劇に参加します。
シュタイナーは 「人形劇は20世紀の解毒剤になるだろう」と言う意味の言葉を残しているそうです。
語られるお話の本質を、人形の動きとともに息をするようにたどる特別な時間です。その時間をみなさんも一緒に過ごしてみませんか。


【満員御礼】

全回満席となりました


日時: 2011年2月19日(土)
(各回 上演時間25分程度)
1回目- 開場 10:40 / 開演 10:50
2回目- 開場 11:25 / 開演 11:35 
3回目- 開場 12:10 / 開演 12:20
*終演後、シュタイナー書籍・持ち帰りスイーツのミニ販売があります

会場: ぎんのいずみ子ども園 http://ginnoizumi.exblog.jp/
    〒182-0023 調布市染地2-27-1 (杉森遺跡公園脇)
   
定員: 各回25名
*各回先着順でお受けいたします
*3歳くらいからご入場できますが、乳児同伴で参加希望の方はご相談ください

参加費: 大人800円(支援会員700円) 小人500円(支援会員400円)

持ち物: 上履き・ひざ掛けなど *暖かくしておいでください

お申し込み・お問い合わせ:
e-mail: nijiirononiwa@yahoo.co.jp まで、下記申し込み内容を記載して送信ください
e-mail不可の方のみ ぎんのいずみ子ども園 電話/FAX 042-480-8696 (16時半~17時) 
*お申し込み受付け後、こちらからご連絡いたします。

          
【申し込み内容】

あやつり人形劇「七羽のからす」申し込み

参加人数: 大人  人    小人  人   (支援会員 有  無 ) 
参加希望回:  1回目 / 2回目 / 3回目 

お子様の氏名:          年齢:      
保護者の氏名:
ご連絡先(お電話/FAX):

当人形劇の開催をどちらで知りましたか?(              )

- - - - -

 皆さまのお越しをお待ちしています!

- - - - -

 おかげさまで、各回とも満席となりました。
 お申し込みの受付を締め切らせていただきます。
(2011年2月17日)

[PR]
by nijiiro-no-tane | 2011-01-24 22:44 | イベント情報