<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『にじいろのたね』最新号 がでました ♪

*** のたね ***

『にじいろのたね』Vol.14
<ぎんのいずみ子ども園10周年記念特集 I >


目 次

*園庭の木もれ陽 『ぎんのいずみの小人たち』 担任 植松あずさ
*ぎんのいずみをめぐるものがたり 在園年長児父母
*ドイツからの風 - 現地シュタイナー幼稚園だより  OB父母
*ぎんのいずみ10周年に思う―数字嫌いな私が数字に導かれて― 山本ひさの
*ノームの庭だより (木を植えた(い)男/苗を植えた男)
*私的クオリティ・オブ・ライフ日記 by ひさの

その他、過去のアシスタント、卒園OG、近隣の支援者、ひさのの友人などより10周年に寄せられたメッセージが載っています。

あとがきに書き忘れましたが、通常16ページのところ今回は20ページとボリュームアップ。山本ひさのが一人ひとりの卒園児を思い描いて贈った卒園ポエムもページのあちらこちらにちりばめてあります。

ご興味がありましたら読んでみてください。ぎんが文庫のときにお求めになれます。
(1部300円。なお、『にじいろのたね』の支援購読会員(年一口3000円~)になっていただきますと、年3回冊子をお送りする他、園のイベント参加費が会員割引になります)
[PR]
by nijiiro-no-tane | 2010-06-19 22:05 | 冊子 にじいろ | Comments(0)

2011年度 新入園児 入園説明会 - 春の巻

*** シュタイナー子ども園 ミニ体験&入園説明会 ***

 ルドルフ・シュタイナーの人間観では、人間の一生を7年ごと、肉体・魂・精神の発達期に区切り、その時期が人生でどのような意味を持つのか、という考えのもとに基本的な生き方の心構えや人生観 が示唆されています。子ども期も、0~7歳までの幼児期、7~14歳までの児童期、14~21歳までの青年期と、3期に渡って見通されていて、その中でも健全な肉体の基盤となり、人間の原型である0~7歳までの幼児期は特に大切な時期と考えられています。
            

b0182584_18132599.jpg

              
 ミニ体験は、子ども園で日頃子どもたちが過ごしている時間を体験いただいて、大人のあり方や振る舞いも含めて、何を大事にするのか、どのように環境を整えようとしているのかを感じていただこうという時間です。お子さんと一緒にご参加ください。

日 時:  2010年6月19日(土) 

《 第一部 》 10:00~10:40 体験   (定員:10組)

       ◎季節のライゲン(うた遊び) ◎手仕事(簡単な木工おもちゃ作りを予定)

  参加費: 700円 (一般) / 500円 (「にじいろのたね」支援購読会員)       
 
    ☆父母の手作り品、シュタイナー書籍、スウィーツなどの販売を予定しています。      


《 第二部 》 11:00~11:40  入園説明会  (定員なし)

         お子さんは素朴なおやつを食べながら、保育者がお世話をいたします。
         大人も説明会を聞きながら、お茶とおやつをいただきます。
                                                                                       
  *申込み・問合せ:  
 ぎんのいずみ子ども園 〒182-0023 調布市染地2-27-1(杉森遺跡公園脇)
 子ども園 T/F: 0424-80-8696  (16:30-17:00)

  **また、e-mail での申し込みも受け付けています。
       nijiirohi@jcom.home.ne.jp まで以下の内容を明記の上お送りください。

  ・ミニ体験&入園説明会どちらも参加 
  ・ミニ体験(第一部)のみに参加  
  ・入園説明会(第二部)のみに参加
  を選び

  ①子どもの名まえ  ②性別   ③生年月日  ④親の名まえ 
  ⑤〒+住所     ⑥電話番号    ⑦FAX番号  
  ⑧参加人数 子_人/大人(母親・父親)_人
  ⑨この情報をもともと知った媒体 a)子ども園ブログ b)チラシ(どこで) c)知人より
  ⑩『にじいろのたね』支援購読会員の方は「支援会員」
  とお書き下さい


 
[PR]
by nijiiro-no-tane | 2010-06-12 18:14 | 入園説明会 | Comments(0)

子どもにお人形をつくってあげませんか?

          * * * 人形作り講座 * * *


子どもに作ってあげたいお人形 ~三つの成長過程とともに~

*その1  ぼうず人形* 
           
 頭の部分をポイントに作る最も基本的なお人形です。(シュタイナーはスカーフを結んで顔にするだけでもう、子どもはそれをひと形と認識すると説きました)
 裁縫が得意でなくても比較的簡単にできます。神経・感覚系が最も盛んに育ち、幼児自身プロポーションで頭が一番大きい時期である0~3歳の時に与えたいお人形ですが、子どもは何歳であってもこのお人形が大好き。傍らの大人がこの人形を愛せば小学校へ入るまで充分に遊べる、基本となるお人形でシュタイナー子ども園には欠かせません。
年長児になると、ネル、羊毛、ひもさえあれば自分で作ることもできます。
 ネルの手触り、羊毛の弾力と温かさが幼児に安心感を与えます。シンプルだからこそ、逆に与えてくれるものが多く、ついお世話してあげたくなる存在となります。この人形を可愛がることは、小さきもの・かそけきものを愛する力、ファンタジー力を養う原点となるでしょう。(一人っ子で兄弟の“味”を知らない子にもおすすめです。)

 おくるみベッドに寝かせ、一度抱っこしてみてください。私たちが生まれたての赤ちゃんを抱っこする柔らかさ、温かさ、光に包まれた感じを幼児にも味合わせてあげることができます。洋服と帽子、ブランケットを用意すると遊びも広がります。

b0182584_2251981.jpg


*おくるみベッド*    

 長いお布団を縦に折り、その間にぼうず人形を寝かせるおくるみです。ひもつきなので、ふわふわのお布団のまま、だっこしたり、おんぶしたりもできます。この夢のような柔らかさがシュタイナー子ども園の醍醐味ではないかとさえ思えます。ぼうず人形をこのおくるみに包んで抱くと、私たちが、生まれたばかりの赤ちゃんをだっこする気持ちよさを、小さな子たちも味合わうことができます。ひもを長くしたり、別のひもでおんぶもできます。

                  
*その2   抱き人形*       

 胸の部分をポイントに作る小さめの抱き人形です。
 綿ジャージーとベルベットかコーデュロイと羊毛でつくる大きさ30Cmくらいのものです。呼吸器・循環器系が育つ3~4歳向きで、「胸人形」とも呼ばれます。男の子にも女の子にもなります。この時期にお人形で遊ぶことは将来に向けてのかけがえのないおみやげになります。男女の別なく、人間の原初的な営みや命との触れ合いを玩具で学ぶ始まりともなります。
 子どもにとって人形は、自分であり、お友だちであり、時にはお母さんでもあるといいます。  

b0182584_8301213.jpg
         

*その3   着せ替え人形*     

 手足をポイントに少し固めに作る人形です。
 子ども自身、四肢・新陳代謝系が発達し、手足がしっかりしてくる5歳くらいからの子どもに与えます。手足が使えるということは、着せ替えも自分でできるということです。
綿ジャージーで作る大きさ40Cmくらいのもの。
 お洋服も作ってあげましょう。ぼうずちゃんの洋服と兼用もできます。



*   *   *

日時: 9月/14日(火)・18日(土)・28日(火) 
    10月/12日(火)・26日(火)・30日(土)

   *11月以降の日程は決まり次第お知らせします。

時間: 9:30~12:30 



場所: 火曜日=子ども園舎 裏の事務所
     土曜日=ぎんのいずみ園舎

作る人形&回数の目安 及び 参加費: 

◎ぼうず人形 (1回) 1200円(一般)  1000円 (支援会員) 
◎抱き人形  (3回) 一回 2000円(一般) 1500円(支援会員) 
◎着せ替え人形 (3回)      同上

※目安回数で仕上がらなかった場合は、追加でお教えします。
ものにもよりますが、1回につき800円(一般)、500円(会員)を基本とします。


*別途材料費がかかります
ぼうず人形 1000円     おくるみベッド 1200円
抱き人形  2000円程度 + (髪の毛用毛糸は各自で用意または要相談)
着せ替え人形      同上
     

持ち物:
裁縫道具(針、糸、布ばさみ、糸切りばさみ、メジャー、ものさし、チャコペンシル等)    
 

*大人だけの講座です。お子さんを預けられる日程をお選びのうえご参加ください。

*お申込みの際に、どの人形を希望か、キットを持っているかどうかをお伝えください。

*問合せ/申し込み: e-mail :nijiirohi@jcom.home.ne.jp
               ℡:042-483-6997 山本

ぎんのいずみ子ども園  〒182-0023調布市染地2-27-1(杉森遺跡公園脇)


 
[PR]
by nijiiro-no-tane | 2010-06-06 08:31 | イベント情報 | Comments(0)

「いずみの小人クラス」に参加して

10周年おめでとうございます!!

現在、娘と「いずみの小人」に参加させていただいています。

お庭の生き生きした草花も、木のぬくもりを感じさせる園舎も
先生や子どもたち、ご両親、そのほか関係者の方の思いがつまって、
年々、輝きを増しているのでしょうね。

これからも、そんな子ども園に行くことを、
子ども以上に(?)親の私が楽しみにしています。

また、先生のお話や「にじいろのたね」から、
シュタイナーのこと、在園児の様子を少しずつ知って、
子育てとは何なのかを考えさせられる機会を
与えてもらっていることに、
感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも、どうぞよろしくおねがいします。
                              
                        M・T&娘のT (参加1年目)


*******

 私がシュタイナーを知ったのは2年前にさかのぼります。幼なじみと久々に再会した時、新しい運命の扉が開きました。
 その友人には小学校1年生(当時)の娘さんがいて、吉祥寺にある園へ通園し、とても楽しい充実した日々を送ってきたことを嬉しそうに話していました。その子はとても立ち居振る舞いがのびのびしていて素直で明るく、なにやら人形を抱いていました。そう!園で作る坊主人形です。よく見ると、顔に目が描いておらず・・どうして?と思ったものでした。
 その後、秋にバザーがあるから遊びにおいでと声をかけてもらいました。私は嬉しくて家族3人で出向きました。地図を片手になんとかたどり着き、一歩入った瞬間から和やかな雰囲気に心が安らいでしまいました。周りの人とケーキを食べたり、おしゃべりをしたりと数時間過ごしましたが、なぜか初めて会った気がしないほど落ち着くのです。とても有意義な一日を過ごすことができました。

b0182584_18311641.jpg


 さて!帰宅してからすぐさまパソコンでネット検索です。
調布にシュタイナーの園がありますように~☆
なんと!運命的に近くにあって感激。
それから電話をし翌年の4月から小人クラスの通園が決まりました。

 通園してみて思い描いていた通り、とてもなごやかな雰囲気で過ごすことができ
娘のはとてものびのびしています。
私自身、手作りパンや手仕事も楽しんでいます。
天然酵母を園から譲って頂き、家でとパン作りを楽しんでいます。
 
 私にとって子育てがかけがえのないものになり、娘の楽しそうな姿に心から幸せを感じます。これからの人生に必要な、とても大切なことを沢山教えていただいていること、感謝しています。
 この先もずっと、ひさの先生とあずさ先生の笑顔が続きます様に☆
                                  
                                M・K (参加2年目)

               

                      
[PR]
by nijiiro-no-tane | 2010-06-04 19:37 | 未就園児クラス いずみの小人 | Comments(0)