2016年度卒園ママたち語録をつくってみました☆

風邪をひいて、声が出ない日が何日か続きましたが、
家のことは何にも支障が出ず、いつも通りでした。
先生がいつもおっしゃってらした通り《10の内、9は言葉は要らない》
というのは本当だと実感しました。


年長の娘の誕生日に、(姉のが羨ましくて)リカちゃん人形をせがまれていましたが、
先生に着せ替え人形を作るよう勧められて、制作を始めたところ、娘たちから作っている間ずっと、
「早く、早く」と急かされてかなりなピッチで作りました。名まえも、娘と小2の姉と私の3人でリストまで作って考えました。

その後、着せ替え用の洋服も作り、姉も「自分でも洋服できそう」と本を見ていました。
園の着せ替え人形を見本のために借りて帰って1泊しました。返す日、その人形を娘が布にくるんで抱いてマンションを歩いていたら、会う人、会う人が「今どき、子どもが人形を抱っこなんて!」と、目を細めてすれ違いました。



小2の長女が『ぎんのいずみで遊んでた所に行きたい!』と言い出し、下の娘と3人で多摩川に来ています。

贈るプリント、ありがとうございます。
早速『甘えの構造』を図書館で予約してみました。

先日の夜、夫と色々話しました。
卒園とは言え、娘は6歳になったばかり。学校でたくさんのことを教えられるとは思います。ですが7歳までのあと1年間は家では今まで通り余計なこと(?)は教えずにゆったり過ごしたいな、と。

また明日から、あと7日、よろしくお願いします!   (小2女子・年長女子)




お世話になった3年間、そして小人クラスでの時間、全てが宝物です。(年長女子)
                    
                      


ご心配いただいたり、見守って頂いてありがとうございます。
息子も無事に織り機の織物が最後までできて良かったです。

遊び方ですが、頭にエネルギーがいっているのは確かなので、革
のボールでキャッチボールを140回ほどやっていますが、家でできる良い方法が他にもあれば是非教えて下さい。

手や足のエネルギーについてふと思いましたが、年中から年長になるときに
一ヶ月くらいでしょうか…洗濯干しにずっとぶら下がっている時がありました。
両足も一緒にひっかけたりして、何十分も、毎日毎日です。
今思うと、その時に手足のエネルギーが出始めたのかな?などと思いました。

もちろん、今でも弟とじゃれ合ったり、相撲を取ったりはしていますが…

精神と肉体のエネルギーの融合、今からでもバランスを取っていけたら良いです。
教えて頂いた訓練で補える部分も多いと思います。

私自身、自分の気づきがあり、自分を責めなくなったら息子を覆えるようになりました。
いずれにしても、前向きに、教えて頂いたこと + 覆いを頑張っていこうと思います。

本当にいろいろとありがとうございます。     
(年長男子・年々少男子)



先生からのアドヴァイスの通りにやっていくと結果が現れて、子どもも自分も前に進むことができました。

以前は色々、周囲のことが気になったり、世間の情報に心が揺れたりしましたが、上の子が小学校に入ってからも、自分で手作りの本(わらの本など)を借りてきて、気が着くと自分で何か作っている。

弟も手仕事(編み物、織物、縄ない、リース作り)などが大好きになりました。

他にも先生にはいろいろと教えていただいて、家のやり方ができてきて、今は、
「うちはこれでいいんだ」という自信がつきました。
   (小3男子・年長男子)


本日は、娘の誕生日のお祝いをしていただきまして、ありがとうございました。
室内を体験させていただき、ほんとうに勉強になることばかりです。
子ども園は、外部から守ってくれる覆いがあり、
いるだけで本当に心身に栄養が、いき届くようです。
その秘密は室内が木で造られているだけではなさそうです。

無いものは生み出せばよい、つくりだせばいいと、
教えていただいて、がらりと生き方がひっくりかえりました。
まさに、どのようにして地上での暮らすのかを、
教えていくだけをやれば、シンプルですね。

わたしの家も、そのようなお家に一歩でも近づきたいと思っております。

                          (年長女子・年少女子)


今日は小学生の娘の「子ども園の給食が食べたい」という
リクエストに応え、温かく迎えてくださって、ありがとうございました。

色々感想を聞きたいところを我慢して、様子を観察していたら、
帰宅してまず、家で買った子ども園にもある本を数冊引っ張り出して、
読み込んでました。
さらに、夕飯は電気を消して、ろうそくで食べたいとのリクエスト。
クリスマスの唄も弟と合唱したりと、本人の気持ちがふ~っと2年前に
戻ったようなことが重なりました。
          (小2女子・年長男子)







[PR]
by nijiiro-no-tane | 2017-03-16 08:15 | その他 | Comments(0)
<< 「くるみクラス」参加者の感想 ぎんのいずみ パパ・ママのため... >>