夏休みのしおり

【ぎんのいずみ子ども園 夏休みのしおり】


車などで出かけて遠出をするのは大人でもそうですが、とても疲れます。
親のリフレッシュのためにどうしても、という以外はなるべく普段の生活どおりに過ごしましょう。

幼児のうちは、小学生とちがってあまりエンターテインメント的なことは考えずとも、近くの公園、野山、小川のあるところで充分です。自然そのものと出会い、親しくなれるのは今の時期が一番です。

おじいちゃん、おばあちゃんのところですごす場合もなるべく無理のない日常をこころがけてください。



b0182584_8132614.jpg




パパ・ママも、この時期、相手をするのが大変、毎日をどう過ごすか?と頭を悩めるかもしれませんが、欧米などのバカンスの過ごし方をみると、まず大人がリラックス、静養する何もない時間、空間=公園、川べり、海沿い、草原などでの放し飼い状態が見られます。親は本を読んだり、寝そべったり・・・。美味しいものを食べたりワインを飲んだり・・・。

そして、アジアやアフリカなどの熱帯の国では、夏は基本的になにもしないでごろごろしています。そういう身体を休めなくてはならない時期で、そういう気候の国だからです。

日本人は勤勉なのであまりそれができないようですが、少しのおもちゃ、絵本などを用意して子どもだけで遊べる状況。大人の世界、子どもの世界と住み分ける場合があってもいいのではないでしょうか?長い夏休みですし、集中して何かする、というのは大人もきついはずです。もちろん、要所要所で遊んであげるのは、この時期、またとないチャンスなのでそれができる場合は存分に遊んであげるのもいいかもしれません。

ただ、子どもを主役にして、なんでも大人がしてあげる、子どものために何かを。。。というのではなく、大人にも子どもにも大切な時間、一緒にゆったりまったりと未来を見つめての時間としたらいいと考えています。

このチャンスに、一緒にする手仕事、料理、読んであげるお話などを憶えたり、見つけたりして、自分自身の<楽しい>を増やすのもいいかもしれませんね。

おじいちゃん、おばあちゃんに任せて親は思い切り、羽を伸ばすのももちろん必要でしょう。大人も子どもも暑さに加え、生活リズムが狂うことで、疲れがたまるということがないように、<ちょうどいい>落としどころをそれぞれのご家庭でみつけてよい時間をお過ごしください。





2011年7月24日
山本ひさの
[PR]
by nijiiro-no-tane | 2011-07-24 20:03 | その他 | Comments(0)
<< 大人にも、子どもにも &quo... 先日、園の夏祭りで 『 おとぎ... >>